水面はスイスイ 固体面はコロコロ 小物体を''水陸両用''で運搬する技術を開発 -- 大阪工業大学

大阪工業大学 2017年11月02日

From Digital PR Platform




大阪工業大学(大阪市旭区)工学部応用化学科の藤井秀司教授、旭川医科大学化学教室の眞山博幸准教授、ドイツのマックスプランク高分子研究所のグループが、液体を固体粒子で覆った液滴(リキッドマーブル)を離れた場所から水面と固体面の“水陸両用”で動かす技術を世界で初めて開発した。




 同グループはこれまでに、リキッドマーブルに光を当てて水面上を運搬し、内部物質を目的の場所で放出させる技術を開発(2016年4月に記者発表)。今回はこの技術を進化させて、水面から固体面に変わっても動かし続けられ、目的の場所で外部刺激(酸、アルカリ、磁力など)を加えて内部物質を放出することに成功した。
 水面上ではレーザー光などの光をリキッドマーブルの黒色粒子に当てることで、周囲の水温に違いを生み出し表面張力の原理でリキッドマーブルを動かす。これに対し、固体面上では球体であるリキッドマーブルを風力で回転させることで移動させる。実験では隣接する水面と固体面を自由に行き来させることができた。
 本技術は、遠隔操作によって狙った場所でリキッドマーブル内部の機能性物質(薬剤など)を放出させて化学反応を起こすなど、化学、電子機器や医療の分野でさまざまな応用が期待できる。




▼本件に関する問い合わせ先
学校法人常翔学園 広報室
大野、松下
住所:大阪府大阪市旭区大宮5-16-1
TEL:06-6954-4026
FAX:06-6954-4024


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。