世界初スマートフォンサイズのNOMA対応チップセットによる周波数利用の効率化実験に成功

MediaTek Inc 2017年11月06日

From 共同通信PRワイヤー

世界初スマートフォンサイズのNOMA対応チップセットによる周波数利用の効率化実験に成功

AsiaNet 70849

~5G時代に活躍が期待される技術により周波数利用効率が2.3倍に向上~

【東京、新竹(台湾)2017年11月2日PR Newswire】株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)と、MediaTek Inc.(以下、MediaTek)は、第5世代移動通信方式(以下、5G)の時代に活躍が期待される、周波数の利用効率を向上させる技術「非直交多元接続方式※1」(以下、NOMA)と、NOMAの実現に必要な技術「マルチユーザ干渉キャンセル※2 」(以下、MUIC)を実装したチップセット(以下、同チップセット)の仕様検討と開発を行い、同チップセットを搭載した現行スマートフォンサイズの端末による実証実験を行った結果、従来技術と比較して最大2.3倍となる周波数利用効率の向上を確認しました。

本実証実験は、5Gの新しい無線アクセス技術としてドコモが標準化提案したNOMAによる周波数利用効率化の検証と、MediaTekが開発した同チップセットが、現行スマートフォンサイズの端末(以下、端末)で動作することを検証するものです。
実験環境において、同チップセットを搭載した3台の端末を異なる地点に配置し、基地局から同一時刻に1つの周波数にて3台の端末向けに伝送する信号の送信電力を制御しながらデータを重ねて送信しました。受信側となる端末は、干渉となる自端末以外の信号を取り除くことで自端末に必要な信号のみを取り出すことが同チップセットによって可能となり、1つの周波数における利用効率が従来技術である同一送受信アンテナ構成のシングルユーザMIMOに比べて最大2.3倍に向上することを確認できました。

ドコモは2020年に5G商用サービスの開始をめざしており、5Gの新しい無線インタフェースや周波数利用の効率化技術を活用し、ユーザが密集する都市部環境においても更なる大容量化を実現する技術を開発、標準化提案してまいります。今後も世界主要ベンダーと協力し、2020年のサービス提供に必要な端末開発や商用環境の整備に取り組んでまいります。

※1 「非直交多元接続方式(Non-orthogonal Multiple Access)」とは、複数の端末が異なる場所にいることを利用し、基地局が各端末に伝送する信号の送信電力を制御しながら多重して送信することにより端末側で干渉除去処理をしやすくし、基地局がエリア内の複数の端末に同時に信号を伝送することで大容量化を実現する技術です。

※2 「マルチユーザ干渉キャンセル(Multi-user interference cancellation)」とは、基地局がエリア内の複数の端末に同時に信号を伝送したときに、干渉となる自分以外の端末の信号を取り除く干渉除去処理の技術です。




実証実験の概要

1.実証実験概要
本実証実験では、4個のアンテナを搭載した3.5GHz帯対応基地局によるスモールセル環境で、基地局から異なる距離に配置した2個のアンテナを搭載した3台の端末と同時通信を実施。

・同一送受信アンテナ構成のシングルユーザMIMOに比べ、周波数効率が向上していることを検証
・現行スマートフォンと同等サイズで世界初NOMA対応チップセットを搭載し動作することを検証

(リンク »)
図1 スモールセル基地局

(リンク »)
図2 チップセット搭載NOMA端末

(リンク »)
図3 実験の模様

2.実験結果
                         周波数利用効率 (bps/Hz) 
端末 ID
(受信品質)   端末1    端末2    端末3  3台端末合計 
              (30dB) (7dB)(7dB)  
従来技術         1.63 0.26 0.15 2.04 
同チップ搭載時 3.99 0.51 0.36 4.86 

3.実験期間
 2017年8月14日 ~ 10月6日

4.実験場所
 台湾新竹県の台湾工業技術研究院およびMediaTek本社


5.各社の役割
ドコモ 
*実験装置仕様 共同検討
*NOMA技術ノウハウ提供
*チップセット搭載アルゴリズム仕様検討
*実験 共同実施

MediaTek 
*実験装置仕様 共同検討
*MUIC技術ノウハウ提供
*チップセット搭載アルゴリズム仕様検討及びチップセット開発
*端末および実験基地局提供
*実験場所提供
*実験 共同実施

MediaTekについて
MediaTekは、年間15億台ものコネクテッドデバイスを提供する、グローバルファブレス半導体メーカーです。モバイルデバイス、ホームエンターテイメント、コネクティビティ、およびIoT製品などの用途向けの、革新的なシステムオンチップ(SoC)開発において、市場をリードしています。当社のイノベーションへの取り組みは、スマートフォンやタブレット、デジタルテレビ、OTTボックス、ウェアラブル端末、自動車用ソリューションなどの幅広い製品において、電力効率に優れたモバイルテクノロジーや高度なマルチメディアソリューションを含む、いくつもの主要テクノロジー分野の市場でその地位を確固たるものにしています。MediaTekは、スマートテクノロジーを通じて人々が視野を広げ、容易に夢を実現できるように、力と元気を与えます。当社ではこの概念を「Everyday Genius」と呼び、企業活動の基盤としています。詳しくはこちらのサイトをご覧ください。www.mediatek.com

メディアテック広報室:
PR@mediatek.com

ケヴィン・キーティング(Kevin Keating)
+1- 206-321-7295
10188 Telesis Ct #500, San Diego, CA 92121, USA

ジョーイ・リー(Joey Lee)
+886 3-567-0766 # 31602
No. 1, Dusing 1st Rd., Hsinchu Science Park, Hsinchu City 30078, Taiwan


(日本語リリース:クライアント提供)


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]