ナーブとリビングスタイルが業務提携 100万点の家具データを100万戸の物件でホームステージング ~ARルームコーディネートとVR内見TM、2つの先端技術がマッチ~

ナーブ株式会社 2017年11月06日

From DreamNews

VR(ヴァーチャルリアリティ)コンテンツのプラットフォームを提供するナーブ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:多田 英起)と、インテリアのレイアウト・シミュレーション・サービスを提供する株式会社リビングスタイル(本社:東京都新宿区、代表取締役:井上 俊宏 / 坂本 尊志)は本日、『VRホームステージング』分野で業務提携いたしました。

■VRホームステージングとは
 ホームステージングとは、「住宅の資産価値を高める為に様々な手法で魅力的に演出する事」(一般社団法人 日本ホームステージング協会ウェブサイトより)です。家具や小物を搬入・配置し物件の魅力を引き立たせることで物件の価値を高めます。単なるモデルルームではなく、物件の特徴を活かしながら、実際に購入や入居を検討しているお客様の日常生活がイメージできるインテリアにまとめることで売買が進みやすいという利点がある一方、コストが嵩むという面もあります。
 今回発表した『VRホームステージング』は、低コストで何度でも、あらゆるテイストのお部屋にコーディネートし、お客様に納得いただくまで提案することを可能にします。

■業務提携の背景と提携内容
 ナーブは既に住宅の内見分野において「VR内見TM」を商品化し、大手仲介事業各社での導入実績が数多くあり、VRコンテンツ化された物件は全国で約100万戸に迫ります。また一方のリビングスタイルは、30以上のブランドに対してWeb3D技術を利用したインテリアシミュレータサービスを提供しており、100万点以上の膨大な家具データベースを保有しています。
 ナーブのVR内見TMの技術とリビングスタイルの家具データベースを活かし、ナーブクラウドに蓄積されたVR画像に対して、リビングスタイルの保有する家具データをコーディネート配置することによって、『VRホームステージング』を実現しています。

 両社は共に、IT技術によって新たな価値を創造するというビジョンを掲げています。今回の業務提携により、お客様により最適な選択を提供できるよう取り組んでまいります。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]