ローデ・シュワルツが好決算、日常生活のネットワーク化とセキュリティー需要が寄与

Rohde & Schwarz 2017年11月06日

From 共同通信PRワイヤー

ローデ・シュワルツが好決算、日常生活のネットワーク化とセキュリティー需要が寄与

AsiaNet 70858 (1735)

【ミュンヘン2017年11月3日PR Newswire=共同通信JBN】ローデ・シュワルツ(Rohde & Schwarz)は今会計年度を安定した純収益と記録的受注件数で締めくくった。当テクノロジー企業は、無線通信とセキュリティーの専門知識によって、将来有望な重要市場に参入することに成功した。ビジネスと社会は急速にどんどんネットワーク化しており、それに従ってセキュリティーへの需要が増えている。ローデ・シュワルツは現在、すでにこうした課題への解決策を提供している。

ローデ・シュワルツは、2016/2017会計年度(7月から6月)に再び総額20億ユーロ超の受注を獲得した。総額20億6000万ユーロの受注高は前年同期比14%増で、純収益は19億1000万ユーロと安定している。従業員総数は、前年同期の1万人から2017年6月30日現在の1万500人へと引き続き増加している。すべての事業分野が同会計年度の成功に寄与した。この成長は主として、多くの専門分野や日常生活におけるデジタルトランスフォーメーションと漸進的ネットワーク化の結果である。

詳細は次を参照: (リンク »)

▽問い合わせ先
Katrin Wehle
phone: +49-89-4129-0
email: press@rohde-schwarz.com

ソース:Rohde & Schwarz


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]