NASAが地球・太陽系・宇宙研究に使用される高度コンピューティング・データ分析拡充のためSupermicroを選択

Super Micro Computer, Inc.(スーパーマイクロ・コンピュータ) 2017年11月07日

From 共同通信PRワイヤー

NASAが地球・太陽系・宇宙研究に使用される高度コンピューティング・データ分析拡充のためSupermicroを選択

AsiaNet 70880 (1740)

NASAが地球・太陽系・宇宙研究に使用される高度コンピューティング・データ分析の拡充のためにSupermicroを選択

【サンノゼ(米カリフォルニア州)2017年11月6日PR Newswire=共同通信JBN】
*NASAのゴダード宇宙飛行センターのコンピュート・インフラストラクチャーを拡充するため、SupermicroはCSRAおよびEdge Solutionsと提携し、従来の展開と比較して性能を216%向上させる完全なターンキー・ソリューションを提供

エンタープライズコンピューティング、ストレージ、ネットワーキングソリューション、グリーンコンピューティング・テクノロジーのグローバルリーダーであるSuper Micro Computer, Inc.(スーパーマイクロ・コンピュータ、NASDAQ: SMCI)は6日、NASA Center for Climate Simulation(NCCS)と提携し、地球、太陽系、宇宙を研究するために使用する高度コンピューティングおよびデータ分析を拡充したと発表した。高密度、システム性能、最適化されたコストの組み合わせに基づくSupermicro FatTwinベース・ソリューションはNASA研究者に追加の1.56 PetaFlopsを提供する。このRack ScaleソリューションはSupermicroのシリコンバーレー本社工場で統合され、最適な信頼性と効率性を提供する。

Photo - (リンク »)

NCCSは、ゴダード宇宙飛行センター(GSFC)Sciences and Exploration DirectorateのComputational and Information Sciences and Technology Office(CISTO)の1部門である。そのミッションは、広範な高度コンピューティングおよびデータ分析を提供することによって、科学者が地球、太陽系、宇宙の理解を深めることを可能にすることにある。このミッションの達成に大きく貢献するNCCSは高性能コンピューティング(HPC)エンジン、大規模ストレージ、ネットワーク・ソリューションを提供し、NASAの地球および宇宙科学ユーザーコミュニティーの特別な必要性に応える。

Supermicroのチャールズ・リアン社長兼最高経営責任者(CEO)は「NASAの科学者らを最新の高度コンピューティングおよびデータ分析ソリューションで支援することは、世界をわれわれのためだけでなく、未来の世代にとってより良いものにすることを目指すSupermicroの主要な役割である。Supermicro 3.0によって革新的な技術進歩、インフラストラクチャーの拡大、世界規模の納入に対する当社の投資がNASAに活用されることを見るのは極めてうれしいことであり、われわれは今後もNASA、インテル、そしてCSRAやMotivairなどの他のパートナーと緊密に協力し、世界で最も尊敬されている研究機関の1つに完全なターンキーRack Scaleソリューションを提供していく」と語った。

NCCS高性能コンピューティング・リードであるダニエル・ダフィー氏は「これは、NASAのミッションをサポートする超高解像の天候・気候シミュレーションをホストするためにNCCSスーパーコンピューティング・システムを進化させる上での次の段階である。このようなシミュレーション作業は、NASAの衛星・空中・地上観測と合わせ、科学者と政策決定者が極端な天候事象、季節別気候への影響、長期間の変化の理解を深めることに役立つ」と語った。

DiscoverシステムはNCCSの主要なHPCクラスターであり、Scalable Compute Unit(SCU)と呼ばれる個別のコンピュート・ユニットで構成されている。Discoverクラスターに最近、追加されたユニットは、Supermicroが提供したSCU14である。このシステム拡充の調達は、カリフォルニア州ウェストレークビレッジに本社を置くEdge Solutions & Consulting, Inc.に付与された。Edgeは、女性が所有する認定済み小企業システムインテグレーターであり、複雑なエンタープライズクラス顧客向けにエンタープライズクラス・ソリューションを提供する。

性能の観点から見ると、この展開は3.5 PetaFlopsを約45%向上させる1.56 PetaFlopsを追加してNASAに提供する。これまでのSCU13ユニット追加と比較し、SCU14はより小さな設置面積とより少ないTOCで性能を2倍以上(216%)向上させる。

SupermicroとCSRAが提供したSCU14ソリューションは、3つのタイプのノードで構成されている。それはコンピュート・ノード、サービス・ノード、I/Oノードである。コンピュート・ノードは大規模なパラレル処理を実行するために使用され、幾つかのSCUが関わる一定の局面で、全てのコンピュート・ノードと通信する。サービス・ノードは、ユーザーログイン、エディティング、コンパイリング、バッチサブミッション、クロンジョブ、サブネット・マネジャー、マネジメント・ノートなどをはじめとするさまざまな目的に使用される。I/Oノードは、高速相互接続ファブリックを通じてFibre Channel SANとコンピュート・ノード間でデータを転送するためのルードを提供する。コンピュート・ノードは、固定ストレージであるSSDとのステートフル・ノードである。

SCU14向けのSupermicroターンキーRack Scaleソリューションは、デュアル20コア・インテル(R)Xeon(R)Goldプロセッサーと固定ストレージであるインテル(R)SSDをそれぞれ装備したSupermicro FatTwin(TM)サーバー・ノードに基づいている。FatTwin(TM)SuperServer(R)は、各ノードが12基のDIMMスロットと6基のフロント・ホットスワップSSDをサポートする8ノード4Uシステムである。高速接続を提供するため、このクラスターは、インテル(R)Omni-Path(OPA)100G 48ポート・トップオブラック・マネージド・ネットワーク・スイッチを採用している。完全統合HPCクラスター・ソリューションのためのSupermicro 42Uラックは、MotivairのChilledDoor(R)Rack Cooling Systemを装備し、向上したPUE向けの冷却効率を最大限にする。

CSRAのポール・ネドズバラ執行副社長兼ヘルス&シビルグループ責任者は「CSRAは、新たなスーパーコンピューティングの段階に参加でき、さらにNASAが未来のテクノロジーに携わることを支援できて大変うれしく思う。今回の調達を通じて、NASAはHPC能力を拡充するための能力を向上させることができ、われわれはNASAと協力してこの取り組みを推進していきたい」と語った。

インテルのトリシュ・ダンクロガー副社長(テクニカル・コンピューティング担当)は「NASAなどにいる世界的な研究指導者は、われわれの宇宙への理解を豊かにし、人々の生活を向上させるような新しい発見をもたらしてくれる。インテルの均衡が取れたテクノロジー・ポートフォリオとSupermicroのような大手システムベンダーとの緊密なコラボレーションは、最強のコンピューティング・ツールを科学者に提供し、社会が直面する最も難しい問題に対処する」と語った。

Motivair Corporationのリッチ・ウィットモア社長兼CEOは「探索と新しいテクノロジーの真のパイオニアであるNASAは、Discoverシステムに新たにユニットを追加することによって、今後もそれをリードし続けていく。最新テクノロジーを活用することで、NASAは、Discoverがその潜在能力を十分に発揮できるようなコンピューター冷却システムの必要性を認識した。われわれは、NASAが技術進歩を遂行する上で重要な役割を果たすためにMotivairのChilledDoor(R)Rack Cooling Systemを採用したことを光栄に思うとともに、わが国で最も尊敬される機関の1つと提携できることを誇りに思う」と語った。

Supermicroの最新ニュースおよび発表を受け取るには、Facebook( (リンク ») )、Twitter( (リンク ») )でフォローを。

▽Super Micro Computer Inc.(NASDAQ: SMCI)について
Supermicro(R)(NASDAQ: SMCI)は、高性能・高効率のサーバーテクノロジーをリードするイノベーターであり、世界中のデータセンター、クラウドコンピューティング、エンタープライズIT、Hadoop/ビッグデータ、HPC、組み込み型システム向けの高性能Server Building Block Solutions(R)の第一級プロバイダーである。Supermicroは「We Keep IT Green(R)」(われわれはITをグリーンに保つ)イニシアチブを通じて環境保護に尽力しており、市場で入手可能な中でエネルギー効率が最も高く、環境に優しいソリューションを顧客に提供している。

Supermicro、SuperServer、Server Building Block Solutions、FatTwin、We Keep IT Greenは、Super Micro Computer, Inc.の商標ないし登録商標またはその両方である。

Intel、Xeonは米国およびその他の国でIntel Corporationの登録商標である。

その他のブランド、名前、商標はそれぞれの所有者の財産である。

ソース:Super Micro Computer, Inc.

▽問い合わせ先
Michael Kalodrich
Super Micro Computer, Inc.
michaelk@supermicro.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]