青山学院大学が11月11日(土)に、学生が字幕を担当した映画『私たちが誇るもの~アフリカン・レディース歌劇団~』の上映会を開催 -- 「第12回国連UNHCR難民映画祭2017」参加イベント

青山学院大学 2017年11月07日

From Digital PR Platform




青山学院大学総合文化政策学部は11月11日(土)、演習授業「映像翻訳を通じて世界と関わる(通称:映像翻訳ラボ)」(担当:宮澤淳一教授)の履修生が字幕を担当した映画『私たちが誇るもの~アフリカン・レディース歌劇団~』の上映会を開催する。当日は映画の上映のほか、辻上奈美江氏(東京大学大学院総合文化研究科 特任准教授)をゲストに招き、難民女性と演劇について講話が行われる。入場無料、事前予約不可(先着順)。




この映画は、難民や移民としてオーストラリアに逃れてきた4人のアフリカ女性たちが、演劇を通して自らのトラウマと向き合うドキュメンタリー映画。10~11月の「第12回国連UNHCR難民映画祭2017」で日本初公開されている。今回は「国連UNHCR難民映画祭―学校パートナーズ」参加イベントとして、この作品のみ単独上映される。

この映画の字幕を、総合文化政策学部の演習授業「ラボ:アトリエ実習」のひとつ、「映像翻訳を通じて世界と関わる(通称:映像翻訳ラボ)」の履修生が担当。授業の成果発表および「UNHCR難民映画祭―学校パートナーズ」のイベントの一環として上映会を行う。
上映会には辻上奈美江氏(東京大学大学院総合文化研究科 特任准教授)を招き、「演劇を通じた癒し・苦悩・抵抗――シリア難民女性による演劇との比較」と題した講話を実施。難民問題、女性問題、演劇、映像翻訳(字幕作成)とその教育指導に関心のある人にも向けたイベントとなっている。

【日時】 11月11日(土)14:00~16:00(13:30開場)
【場所】 青山学院アスタジオ(地下ホール)
(リンク »)
【入場】 無料 (一般100名 予約不要)※先着順の入場ですので、お早めにお越しください。

※詳細は以下、総合文化政策学部ウェブサイトをご覧ください
(リンク »)


▼本件に関する問い合わせ先
青山学院大学総合文化政策学部「映像翻訳ラボ」(宮澤淳一研究室)
メール:media-bunka<アットマーク>sccs.aoyama.ac.jp
※<アットマーク>を@表記の上、ご連絡ください。


















▼本件に関する問い合わせ先
政策・企画課 大学広報
TEL:03-3409-8159


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

青山学院大学の関連情報

青山学院大学

青山学院大学の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]