リュー・チャン北京大学光貨管理学院長による「コーポレート・チャイナ2.0:大変革」

Guanghua School of Management of Peking University 2017年11月08日

From 共同通信PRワイヤー

リュー・チャン北京大学光貨管理学院長による「コーポレート・チャイナ2.0:大変革」

AsiaNet 70897 (1760)

【北京2017年11月7日PR Newswire=共同通信JBN】
*「コーポレート・チャイナ2.0(Corporate China 2.0)」は、中国の経済的成功を分析し、卓越した企業(great firms)がその将来にとって不可欠なのかを説明する率直な書籍である。

*ペンシルバニア大学ウォートン校のフランクリン・アレン教授は「この素晴らしい本は中国の成長問題を解くために企業金融の手法を使っている。私は中国の経済と金融システムに関心のある全ての人にこの本を大いに薦める」と語る。

「コーポレート・チャイナ2.0」は、中国の経済的成功を分析し、巨大企業がその将来にとって不可欠なのかを説明する率直な書籍である。リュー博士の企業金融と中国経済に関する研究に基づき、彼は、中国企業の富の純然たる規模は将来を保証するには十分ではないと主張する。むしろ、大企業-持続可能な高い投下資本利益率(ROIC)を有する企業-の隆盛が中国の経済的変革の成功への基礎を築く。リュー博士は、「大」企業("big" firms)はコーポレート・チャイナにとって、特に中国の投資主導経済から効率主導経済への移行との関連においては、ほとんど意味がないと主張する。

この書籍は、この変革と中国の将来を取り巻く重大な疑問に取り組んでいる。

*コーポレート・チャイナはどうやって「大」から「卓越」へと変革できるのか?
*起業家精神を促進し、卓越した企業を育成するために、どんな制度的変化が起きるべきなのか?
*「卓越した」中国企業(すなわちHuawei(華為技術)、アリババ、Xiaomi(小米科技))はどんな資質を持っているのか?

この書籍は、中国での卓越した企業の欠如につながる国内外の障害を議論している。それはまた、卓越した中国企業の隆盛を促進することができる制度的な条件を提案している。それには、政府の国内総生産(GDP)への執着を覆すこと、金融システムを改革すること、起業家精神を促進することが含まれている。

政策立案者、投資家、企業幹部、経営学修士(MBA)の学生と学者は、この書籍に収録された数多くのケーススタディーを高く評価するだろう。それらは草の根レベルの中国の起業家が払った努力を説明し、どうやって成功した中国企業が生まれたのかに光を当てている。

▽著者について:
リュー・チャオ博士は北京大学の光貨管理学院(Guanghua School of Management)学院長兼教授(財政学)。リュー博士はコーポレート・チャイナ、中国の金融システム、地方政府債務の3つの中核分野においてアジアの金融市場に関する最先端の研究を15年以上にわたって行ってきた。

この書籍は以下で入手可能:
(リンク »)

この書籍の書評を書くこと、記事検索および/または著者へのインタビューを希望する場合はfp@gsm.pku.edu.cn に連絡を。

(リンク »)

ソース:Guanghua School of Management of Peking University

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]