2017台湾オープン・オブ・サーフィン 始動

Taitung County Government 2017年11月08日

From JCN Newswire


TAITUNG, TAIWAN, Nov 8, 2017 - ( JCN Newswire ) - 今年台東県政府とWSLの連携はさらに強まり、台湾初のオープン・ワールド ロングボード チャンピョンシップ(WLC)が開催されることになりました。この決勝戦は台湾台東県の金樽海岸にて開催される予定であり、WSLの四大決勝戦の一つでもあります。試合期間は11月23日から12月3日まで、今年も同じくWSL男子ショートボードQS1500が開催されることにより、台東にはロングボードのチャンピョンと男子ショートボード(オセアニア・アジア)のランキング・トップが生まれるということです。

肌寒くなっていく中、モンスーンは再び台湾の東北部へ吹きかけ、台東の金樽海岸で波になります。これらの美しい波は台東現地のサーファーだけでなく、WSLの目を引き寄せてきました。今回の試合も台湾のサーフィン好きを台東金樽へ集め、憧れのプロサーファーやその技術を直に見ることができ、一方では世界のサーファーたちにもっと台湾や台東を知ってもらい、台東での滞在をエンジョイしてもらいます。

台湾の選手たちも公式のフェイスブックにて国内グループにエントリーすることが可能です。詳しくはフェイスブック公式ページ「臺灣國際衝浪公開賽Taiwan Open of Surfing」にて。
11月23日から12月3日の間、ぜひ皆様もご一緒に台東金樽でこのイベントを盛り上げ、頑張る選手たちにエールを送ってはいかがでしょう?

時間:11/23-12/3
場所:金樽海岸 台東県 東河郷
URL: (リンク »)

この記事についてのお問い合わせ先:洪 婕雅(Jela Hung)
E-mail: weatherskyfly@gmail.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]