日本実験力学会(JSEM)主催の先端科学技術に関する国際シンポジウムの英語でのポスターセッションにて金沢高専生が最優秀賞を受賞

大学プレスセンター 2017年11月08日

From Digital PR Platform


大学通信から中学・高校のニュースリリースをお送りします。



金沢工業高等専門学校では、11月3日(金)に金沢歌劇座にて行われた日本実験力学会(JSEM)主催の先端科学技術に関する国際シンポジウム(International Symposium on Advanced Science and Technology in Experimental )特別ポスターセッションにて、機械工学科5年の中川晴喜さん、深澤椋さんの発表テーマ「Making of the ROBOCON Robot」(ロボコンロボットの製作)が最優秀賞であるCasio Challenge Award(カシオチャレンジ賞)を受賞した。




金沢工業高等専門学校(石川県金沢市久安2-270 校長:ルイス・バークスデール)では11月3日(金)に金沢歌劇座にて行われた日本実験力学会(JSEM)主催の先端科学技術に関する国際シンポジウム(International Symposium on Advanced Science and Technology inExperimental )特別ポスターセッションにて、機械工学科5年の中川晴喜さん、深澤椋さんの発表テーマ「Making of the ROBOCON Robot」(ロボコンロボットの製作)が最優秀賞であるCasio Challenge Award(カシオチャレンジ賞)を受賞した。

ISEM(International Symposium on Advanced Science and Technology inExperimental Mechanics)とは、日本実験力学会が主催する国際シンポジウムで、機械系や医療、福祉などに関する技術者の最新の研究の公開や、基礎研究と応用研究の技術者同士の交流を目的に毎年、世界各地で開催されている。ISEMのプログラムで、若手の技術者の国際発表の機会として高専、短大、専門学校の学生を対象として特別ポスターセッションが行われた。

同セッションには全国の高専、短大、専門学校から28件の発表がありました。発表では、中川さんは、ロボコンのルールやチームの目標、最終的な結果と今後の目標の部分を担当。深澤さんはロボットの機構や電子回路の構成について説明した。独自のヘッドマウントディスプレイの実演も交えながら、堂々とプレゼンテーションを行い、審査員も大きく関心している様子だった。

また、同学会では同じく機械工学科5年の杉野泰成さん、高野航平さん、九尾翔太さんが タイヤによる路面摩擦計測の研究「A Study of Measurement on Tire-Road Friction Coefficient Using a Vehicle Tire」で、電気電子工学科の村上知行さん、高橋昂大さんが国際高専に向けた教材開発の研究「Developmentof Educational Materials for Engineering Design Process using Arduino andScratch」で奨励賞を受賞した。




▼本件に関する問い合わせ先
金沢工業高等専門学校 事務局
山岸 徹
住所:石川県金沢市久安2-270
TEL:076-248-9840
FAX:076-248-5548
メール:nyusi@kanazawa-tc.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。