大手前大学のスイーツ学専攻ゼミがコンビニスイーツ「ザクザクスフレチーズケーキ」を開発 -- 近畿圏のローソンで販売中

大手前大学 2017年11月08日

From Digital PR Platform




大手前大学(兵庫県西宮市)総合文化学部スイーツ学専攻の松井博司教授のゼミは、産官学連携プロジェクトとして、兵庫県の特産物や県内食品メーカーの食材などを使用したスイーツ「ザクザクスフレチーズケーキ」を開発した。11月7日(火)より、大手コンビニエンスストア「ローソン」の近畿圏の各店舗で販売している。





 コンビニスイーツプロジェクトは、大手前大学総合文化学部の松井博司教授(スイーツ学専攻)とそのゼミ生が、株式会社ローソンや三菱商事株式会社、株式会社オイシス、株式会社JTB西日本と協働で行っている産官学連携事業で、県内企業である六甲バター株式会社、松谷化学工業株式会社、株式会社増田製粉所や、JA全農兵庫の協力も受けている。

 このたび開発された「ザクザクスフレチーズケーキ」は、兵庫県認証食品(推奨ブランド)である「イチジク(JA全農兵庫)」と「小麦(宝笠異人館)」(いずれも100%使用)や県内産の「黒豆」を使っており、松谷化学工業の「希少糖」、六甲バターの「クリームチーズ」の提供も受けるなど、地元食材の魅力をふんだんに盛り込んだ、新しい食感のスイーツに仕上がっている。

 スイーツ開発は卒業研究の一環で、PBL(問題解決型学修)として実施したもの。学生たちは、県産品の選定やアイデアの提案など、商品開発及び販売方法の考案に一から取り組んだ。夏休み期間中も個別ミーティングを何度も重ね、秋学期開始後は、各企業の担当者の前でプレゼンテーションするなどし、企業側と連携して商品を完成させた。

 11月6日(月)に行われた兵庫県知事定例記者会見では、会見項目の一つとして、「コンビニスイーツ」が取り上げられ、井戸敏三知事より紹介された。会見終了後、松井教授とコックコートに身を包んだゼミ生たちは、報道陣からの取材を受け、PRポイントやこれまでの取り組みなどを丁寧に説明したり、写真撮影に応じたりしていた。

■ザクザクスフレチーズケーキ
販売期間:2017年11月7日(火)~  ※数量限定のため、なくなり次第終了
販売エリア:近畿圏のローソン各店
販売価格:258円(税込)

(大手前大学HP該当ニュース)
(リンク »)

(ローソンHP該当ニュース)
(リンク »)


▼本件に関する問い合わせ先
大手前大学アドミッションズ オフィス
藤本・山本
住所:兵庫県西宮市御茶家所町6-42
TEL:0798-36-2532
FAX:0798-23-4865
メール:koho@otemae.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]