SEOプラットフォーム「MIERUCA(ミエルカ)」の英語版を発売開始 ~【11/14~】英語圏のユーザーが検索するキーワードからニーズを分析し、訪日外国人など英語圏での集客拡大を支援~

株式会社Faber Company 2017年11月09日

From DreamNews

企業のWebマーケティングを支援する株式会社Faber Company(ファベルカンパニー/本社:東京都港区、取締役社長:稲次正樹)は来る11月14日から、人工知能(AI)を活用したSEOプラットフォーム「MIERUCA(以下、ミエルカ)」の英語版を正式に販売開始します。「ミエルカ」はWebユーザーが検索するときのキーワードからニーズ(知りたがっていること)を分析し、Webサイト改善やコンテンツ制作に活用できる支援ツールとして2015年に日本語版を提供開始。2年あまりで700社を超える企業が導入しています。英語版の導入により、今後は訪日外国人向けのコンテンツ制作や英語サイトの運営、販促企画が容易になり、英語圏での集客拡大が期待できます。

【拡大図版あり】リリース詳細はこちら

(リンク »)


■『ミエルカ英語版』発売の背景
~増え続ける訪日外国人のニーズをつかみ、集客拡大を支援~

日本政府観光局(JNTO)の推計によると、2017年9月の訪日外国人の数は前年同月比18.9%増の228万人で、9月として過去最高を記録しました。
オーストラリア、アメリカ、カナダ、英国など英語圏からの訪日外国人も過去最高を記録し、アジア圏からも多くの英語ユーザーが訪れています。
出典:日本政府観光局(JNTO)訪日外客数(2017 年 9 月推計値) (リンク »)

このような社会背景に加え、近年は海外で販促活動を展開する企業様から「英語で検索するユーザーのニーズを分析したい」という問い合わせが増えています。そこでFaber Companyでは、訪日外国人向け事業を展開する企業様、事業のグローバル展開をされている企業様の集客拡大を支援するために、11月14日(火)より、SEOプラットフォーム「ミエルカ」英語版を正式に発売いたします。

■『ミエルカ英語版』の主な機能
 ・Webユーザーの検索意図の自動分類(図1参照)
 ・検索エンジン上の露出度を競合サイトと比較
 ・関連性の高いキーワードの分析
 ・コンテンツのタイトル改善提案
  ※日本語版に搭載している機能を今後、英語版にも順次搭載していく予定




'     【図1】英語圏のユーザーが【asakusa(浅草)】と検索した時のニーズを可視化した例
'        (一部抜粋)










■英語圏のユーザーニーズを観光の販促企画に応用するには
前ページの【okinawa(沖縄)】に関する検索ニーズには、日本では一般的ではない「沖縄ダイエット」というテーマ・トピックが抽出できます。これは2004年にブラッドレイ・J・ウィルコックス氏ら老年学のチームが提唱し、海外では認知度の高い「沖縄人の生活から長寿の秘訣を学ぶ」メソッドについて知りたいというニーズです。
英語圏の人が興味を持つこの「沖縄ダイエット」を調査することにより、沖縄のご長寿たちが料理を教えるプログラムや滞在プランなど、日本観光の販促企画・コンテンツ制作のヒントとなる可能性があります。


■『ミエルカ英語版』の価格・申込み方法
 価格 : 初期費用10万円+月額10万円~(税別)
  ※無料トライアルあり。

 受付 :  (リンク »)


■今後の展開について
 ・販売開始後1年で100アカウント導入が目標。2019年には海外での販売も開始予定です。
 ・日本語版に搭載している機能を英語圏向けに再開発、順次搭載していく予定です。
 ・ベトナム語版をはじめ、各国語版を開発中です。
 ・現在の『ミエルカ英語版』はアメリカのサイトをクロールしているが、今後はイギリス、香港、シンガポール、インドなど国ごとにユーザー検索意図が分析できるように開発中です。


【拡大図版あり】リリース詳細はこちら
(リンク »)


■MIERUCA(ミエルカ)とは   (リンク »)
ミエルカはFaber Companyが10年以上にわたる検索エンジンマーケティングの知見をもとに開発したSEOプラットフォーム。(1)人工知能(AI)を活用し、コンテンツ企画・制作・評価・改善ができる機能や、競合サイトも含めてSEOパフォーマンスをモニタリングできる機能を搭載したツール、(2)Web担当者が自身で学ぶことができるセミナーや動画などの学習コンテンツ、(3)個別コンサルティングの三位一体で、インハウス(導入企業内)でのSEO・コンテンツ施策を支援する。
2015年3月のリリースから2年あまりで導入企業は700社以上にのぼる。
開発メンバーには、ウェブアナリストで当社CAO(Chief Analytics Officer)・小川卓に加え、国立大学豊橋技術科学大学情報・知能工学系の吉田光男助教、明治大学理工学部情報科学科・髙木友博教授、東京大学情報基盤センター・中川裕志教授ら、人工知能の権威が加わる。ソフトウェア特許申請中。

■Faber Company(ファベルカンパニー)とは    (リンク »)
2005年創業。「日本の職人技と先端テクノロジーの融合」をコンセプトに、企業のSEO施策、コンテンツ制作など検索エンジンマーケティングを支援する事業を展開。2015年にSEOプラットフォーム「ミエルカ」の提供を開始し、Webマーケティング分野への人工知能の応用研究に力を注いでいる。


 会社名 : 株式会社Faber Company
 所在地 : 〒107-0052 東京都港区赤坂2-14-4 森崎ビル4階
 代表者 : 取締役社長COO:稲次正樹
 資本金 : 1億円
 設立  : 2005年10月24日
 事業内容: MIERUCA(ミエルカ)事業、コンサルティング事業、サイトM&A事業
 URL  :  (リンク »)


<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社Faber Company(ファベルカンパニー)  
広報担当:井田(いだ)
直通:090-4169-9767
TEL:03-5545-5230
MAIL: pr@fabercompany.co.jp




関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]