韓国成形、TL整形外科が言う輪郭の再手術の考慮事項

TL Plastic Surgery 2017年11月15日

From 共同通信PRワイヤー

韓国成形、TL整形外科が言う輪郭の再手術の考慮事項

AsiaNet 71027

【ソウル(韓国)2017年11月15日PR Newswire】
 顔面輪郭手術と言われている顔の骨を矯正する手術は、もはや珍しい領域ではな
くなった。国際美容整形協会(ISAPS)の統計によると、2015年を基準に集計され
た Facial Bone Contouring(顔面輪郭手術)の総手術件数は108,250件に達した。

 このように顔面輪郭手術が世界的トレンドとして位置づけされ、海外からの問い
合わせも著しく増加した。

 韓国TL整形外科チェ・セウン院長は「顔面輪郭手術は大きく頬骨、エラ、オトガイに区分されますが、輪郭再手術に分類される頬骨の再手術を要する場合は次の通りです。45度の頬骨が滑らかにならず、小顔効果を得ていない場合/左右頬骨のサイズが合わず非対称になった場合/前頬骨のボリュームは減ったが、横の幅寄せ効果は得ていない場合/縮小効果をあまり得ず手術の結果に満足しない場合など」と説明している。

 続いて韓国TL整形外科チェ・セウン院長は「輪郭再手術を検討して日本から訪問してくださる患者様は、手術の前後にあまり差がなくて悩んでいる方と不自然になったフェイスラインで悩んでいる方とで分かれます。エラとオトガイの再手術の場合、手術時に顎ラインを考慮しなかったことが原因で、ラインが凸凹になったり、エラの部分だけ切除してオトガイは長いままだったり、全体的にVライン効果がなくフェイスラインが不自然になった場合などがあります」と付け加えました。

 このような場合の殆どは、執刀医の経験不足と未熟さが原因であると専門家たちは口を揃えている。

 輪郭再手術は難易度の高い手術であるため、精密な診断が可能な最先端システムが完備されていて、経験豊富な専門医と麻酔課専門医が常駐していないと、安全かつ満足の行く結果を得ることは出来ない。


 韓国TL整形外科チェ・セウン院長は「頬骨再手術、エラ再手術、前顎再手術のような顔面輪郭再手術が必要な患者様は心理的ストレスが大きいです。特に、法的に副作用と確定されないことが多いので、顔に対するストレスと費用、再手術の結果が上手くいくかどうかのストレスまで、多くの悩みを抱えている患者様をたくさん見てきました。特に、費用問題より、再手術によって今よりも酷くなったらどうしようという心理的圧迫によりカウンセリングを数十回も受けているのをみたことがあります。初手術が一番大事ですが、もし既に再手術が必要な場合になっていたなら、ドクターの経験値と腕、病院の施設及び精密検診システムが整っているかどうか、術後のケアはどうなのかなどを入念にチェックして決めなければなりません」とアドバイスをした。

 韓国TL整形外科は、16年間無事故病院として安全性に優れているだけではなく、手術後の結果及び満足度まで配慮、責任を取り、徹底したアフターケアと結果満足ギャランティもして患者様たちの負担を減らし満足度は挙げている。


【LINE】jptlps
【e-mail】jp.tlpskorea@gmail.com  
【アメーバブログ】 (リンク »)
日本語コーディネート佐藤美穂
問い合わせ先: +82-10-8402-0070

日本語コーディネート 佐藤美穂

Photo - (リンク »)

(日本語リリース:クライアント提供)


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]