スーパーマイクロ(Supermicro)、SC17にてHPCの新ソルーションを公開

スーパー・マイクロ・コンピューター(Super Micro Computer, Inc.) 2017年11月16日

From 共同通信PRワイヤー

スーパーマイクロ(Supermicro)、SC17にてHPCの新ソルーションを公開

AsiaNet 71055

-- 1平方フィートあたり/1ワットあたり/1ドルあたりの最高レベルのパフォーマンスを実現すべく最適化された、1億8百万IOP、レーテンシー10マイクロ秒以下の2U NVMe Storage、ビッグ・ツイン(BigTwin)、スーパーブレード(SuperBlade)、およびオール・フラッシュのNVMeシステム

デンバー、2017年11月14日/PRNewswire-AsiaNet/ --

企業向けコンピューティング、ストレージ、ネットワーク・ソリューション、およびグリーンなコンピューティング・テクノロジーの分野の世界的なリーダー、スーパー・マイクロ・コンピューター(Super Micro Computer, Inc.)(NASDAQ: SMCI)は本日、業界内でも最も豊かな選択肢を誇るハイ・パフォーマンス・コンピューティング((HPC:high-performance computing)ソリューションを、11月13日から16日にかけてコロラド・コンベンション・センター(Colorado Convention Center)にて開催中のスーパーコンピューティング2017(SC17:SuperComputing 2017)で発表します。

写真: (リンク »)


「NASAの気候シミュレーション・センター(NCCS: NASA Center for Climate Simulation)( (リンク ») )が最近スーパーマイクロのツイン・アーキテクチャーを採用したことからも分かる通り、当社はHPCに最適化されたサーバーに関して、業界でも有数のラインナップを提供しています。」とスーパーマイクロ代表取締役兼CEOのチャールズ・リャン(Charles Liang)氏はコメントしています。「我々のビッグ・ツイン(BigTwin)(TM)システムは最高のパフォーマンス、効率性、そしてコストの実現を目指して最適化された2Uシステムに、24DIMMsのデュアル・プロセッサー(DP)4ノードを搭載しています。さらに高密度におけるソリューションを実現するために、当社の8Uスーパーブレード(SuperBlade)(R)は、統合されたOPA、EDR、または25Gのイーサーネット・インターコネクトのDPブレード・サーバーを最大で20までサポートします。また、当社のオール・フラッシュのNVMeシステムは、最大1億800万IOPを僅か10マイクロ・セコンド以下のレーテンシーで配信することが可能であり、未来の高機能ストレージ向けに設計されています。さらに、半ペタバイトもの高機能NVMe SSDストレージ容量を誇る当社の新しい1Uシステムもまた、今期量産されます。」

どの2U4ノードデザインよりも高機能、高効率を実現するスーパーマイクロのビッグ・ツイン・システム( (リンク ») )は、インテル(Intel)(R)ジーオン(Xeon)(R)のスケーラブル・プロセッサーの全製品をサポートし、各ノードにつき最大24 DIMMsで全てのメモリー・チャネルを存分に活用し、全てのオール・フラッシュNVMeドライブ・ベイ及びハイブリッドNVMe/SAS3ベイ向けに選択肢を提供します。各ノードは、コンフィギュレーションに応じて、DDR4-2666MHzレジスタードECCメモリー最大3TBまで、ホット・スワップNVMeドライブ又はSAS3ドライブ最大6まで、PCI-E3.0スロット最大3までは24DIMMsで、100G/40G/25G/10G/1Gというネットワークの選択肢を実現するフレキシブルなSIOMモジュールや2200W/2600Wチタン・レベル(96%+)のリダンダント電源へのサポートも含む、インテル・ジーオン・スケーラブル・プロセッサ(最大28コアまで、CPU毎に205W TDP)を搭載しています。

スーパーマイクロはまた、きわめて高密度かつ高機能のHPCアプリケーション向けソリューション、8UX11スーパーブレード(8U X11 SuperBlade(R))( (リンク ») )も披露します。このスケーラブルなモジュラー・ソリューションは、インテル(R)ジーオンのスケーラブル・プロセッサーをベースにしたDPブレード・サーバー最大20まで、ジーオンのスケーラブル・プロセッサーをベースにした4ソケットのブレード・サーバー最大10まで、又はインテル・ジーオン・ファイ(コードネームはナイツ・ミル Knights Mill)ベースのブレード・サーバー最大20までをサポートします。次世代のインテル(R)ジーオン・ファイ(TM)プロセッサー・ベースのブレードはより高度なメモリー帯域や容量に対応しているだけでなく、最大320ワットまでのハイブリッド冷却付きのより高度なTDPプロセッサもサポートします。同製品は低レーテンシー、高スループットの100Gインテル・オムニ・パス(OPA)メザニン・カードを搭載しており、追加のOPAカード用のPCIe 3.0 x16スロットもサポートします。6のDIMMスロット、2のM.2 SATA3、そして2のSATA# SSDをサポートするこのジーオン・ファイ・ベースのブレードは、今日の高パフォーマンス・アプリケーション向けの素晴らしいソリューションとなっています。

DPブレードは、最大205W TDPまでのジーオン・スケーラブル・プロセッサーをサポートします。また、16DIMMsスロットには2TBまでのメモリーを搭載し、最大で追加のM.2 NVMeドライブを4まで、ホット・プラグ・ドライブを3まで、さらにオプションとしてNVMeドライブ2を搭載することが可能です。この4ソケットのブレードは、イン・メモリーのデータベース・アプリケーションやHPC向けに、素晴らしいメモリー密度を実現する48DIMMのスロットをサポートします。加えてこのブレードは更に、最大8のNVMeホット・プラグ・ドライブ、そして最大8のM.2 NVMe を2つのメザニン・カードでサポートします。8Uのスーパーブレード・ソリューションは、高機能、低レーテンシー、EDR、OPA、および4つの25Gイーサーネット・スイッチを含む最大化されたスループット・スイッチングを具えています。総合的なバッテリー・バックアップ・モジュール(BBP)は信頼性やデータ保護を高めつつ、高コストなデータ・センターのUPSシステムを不要にします。最大化された電力供給や冷却ファンにより本システムは、空気によるフリー・クーリングを可能にし、総保有コスト(TCO:total cost of ownership)を削減します。

32のホット・スワップ U.2 或いはインテルの「ルーラー(ruler)」NVMe SSDをサポートする、スーパーマイクロの新しいオール・フラッシュのNVMe(TM) 1U JBOF(ジャスト・ア・バンチ・オブ・フラッシュ Just a Bunch Of Flash)および1U スーパーサーバー(1U SuperServer)は、高パフォーマンス・ストレージ向けに、それまでの1Uソリューションのオール・フラッシュ・ストレージの密度を3倍以上に高めて、近い将来には単一の1Uシステムでペタバイト・クラスのストレージを提供します。新しい1Uオール・NVMeストレージ・サーバーやJBOFはストレージを共用のプールに分散させています。こうしたプールは最近急速に、自律運転やリアル・タイムでの金融詐欺察知といった、ビッグ・データ分析の困難な応用を行うためのインフラとして好まれるようになっています。1UのプールドNVMeストレージには、最大12ホストまでを直接つなぐことができます。また、Fabric (NVMeoF)ソリューションの代わりにNVMeを配備したい顧客向けには、高機能なプールドNVMeストレージに、イーサーネットを介して64GB/秒という非常に高いデータ移送スループットで何百ものホストを、つなぐことができます。

素晴らしいマルチプロセッサーの製品ラインからは、スーパーマイクロは、SuperServer 2049U-TR4の実演を行います。この製品は4つのソケットを持つウルトラ・サーバーで、4つのインテル・ジーオン・スケーラブル・プロセッサ、そして6TBまでのメモリー、24のホット・スワップ2.5”ドライブ(最大4 NVMe)まで、11のPCI-E 3.0スロット、そして2Uフォーム・ファクターにおける様々なフレキシブルなネットワーク・オプションをサポートします。スーパーマイクロのMPポートフォリオ向けのSAP HANA 認定は現在開発中で、2018年には完成する予定です。

スーパーマイクロ社が提供する全てのサーバーおよびネットワーキング製品ラインに関する総合的な情報は、次のリンク先からご覧いただけます (リンク ») 。

次のリンク先からスーパーマイクロのFacebookアカウント( (リンク ») )、およびTwitterアカウント( (リンク ») )をフォローすると、最新の情報や発表が配信されます。

スーパー・マイクロ・コンピューター (NASDAQ: SMCI)について
Supermicro(R)(NASDAQ: SMCI)は、高性能・高効率のサーバーテクノロジーをリードするイノベーターであり、世界中のデータ・センター、クラウドコンピューティング、エンタープライズIT、Hadoop/ビッグ・データ、HPC、組み込み型システム向けの高性能Server Building Block Solutions(R)の第一級プロバイダーです。スーパーマイクロは「We Keep IT Green(R)」(われわれはITをグリーンに保つ)イニシアチブを通じて環境保護に尽力しており、市場で入手可能な中でエネルギー効率が最も高く、環境に優しいソリューションを顧客に提供しています。

Supermicro、SuperServer、Server Building Block Solutions、FatTwin、We Keep IT Greenは、スーパー・マイクロ・コンピューターの商標ないし登録商標またはその両方です。

その他のブランド、名前、商標はそれぞれの所有者の財産です。

SMCI-F

情報源:スーパー・マイクロ・コンピューター(Super Micro Computer, Inc.)


(日本語リリース:クライアント提供)



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]