アブダビ・ヤス島の個人向けデジタルビジター体験に道を開くミラル

Miral Asset Management 2017年11月16日

From 共同通信PRワイヤー

アブダビ・ヤス島の個人向けデジタルビジター体験に道を開くミラル

AsiaNet 71072 (1834)

【アブダビ(アラブ首長国連邦)2017年11月16日PR Newswire=共同通信JBN】
*このプラットフォームはエンターテインメントとレジャーの国際的な観光目的地を目指すヤス島の熱望を後押しして、世界一流のアトラクションをシームレスに結びつけ、壁のない観光体験を提供

アブダビを本拠にするデベロッパーのミラル(Miral)が大規模なデジタル変革プロジェクトに乗り出した。ヤス島の世界一流テーマパークとアトラクションをシームレスにつなぐ観光目的地の創設である。ユニークでイマーシブな体験を生み出すミラルのビジョンを推進するこのプロジェクトは、ビジターを高度に個人化されたデジタルの旅に誘い、世界のレジャー、ビジネス旅行客に対するヤス島の観光地としてのアピールを強化する。

(Logo: (リンク ») )

(Photo: (リンク ») )

アブダビ・ヤス島のテーマパーク全体に及ぶプラットフォームのデジタル資産を立ち上げ、壁のないリゾートビジョンを提供するインフラは今年初めに開発された。デジタル変革プロジェクトは、国内、地域、国際的ビジターを引き付けるため、ユニークなアトラクションのポートフォリオを比類ないビジター体験と結びつけるミラルの広範な計画の次章を代表している。

プロジェクトの第1段階は2018年前半に公開され、ビジターはアイコニックなテーマパークのフェラーリ・ワールド・アブダビ(Ferrari World Abu Dhabi)、ヤス・ウォーターワールド(YasWaterworld)、ヤス島観光地、来年計画されている新しいテーマパーク、アトラクションとオンラインおよびモバイルでつながれることになる。

ミラルのモハメド・アブドゥラ・アル・ザアビ最高経営責任者(CEO)は「ゲストにイマーシブで壁のない体験を提供することは、常にヤス島のビジョンの中心にあった」とコメントし、「このプロジェクトはパートナーの支援を得て、世界的なエンターテインメントとレジャーの目的地に選択されるヤス島の地位強化に大きな役割を果たし、われわれのアトラクションを使用可能な個別化テクノロジーと一体化させ、ゲストにユニークで忘れがたい体験を提供する」と付け加えた。

ゲストはヤス島の旅を始めるとすぐに個人用IDを受け取る。それは彼らのニーズに合わせたコネクテッドで「壁のない」観光体験の扉を開くデジタル「キー」になる。

ビジターは壁のない体験によって、ヤス島滞在中の家族とのやり取りを個人化するスマートフォンやデジタルデバイスで多様なイマーシブな体験を楽しむことができる。

デジタル変革プロジェクトは統合型クラウドベース・プラットフォームにサポートされ、ミラルは顧客体験管理ツールを通じて、ヤス島のビジターとビジネスパートナーのニーズをよりよく理解し対応することが可能になる。

ミラルはデジタルトランスフォーメーションおよび顧客体験管理の世界一流専門家と提携して16日、ヤス島の現場に展開した開発チームに協力してプロジェクトの骨格を構築したPublicis.Sapient傘下のSapientRazorfish、Cognizant両社との戦略提携を発表した。

Publicis.Sapient Internationalのナイジェル・バズCEOは「SapientRazorfishはデジタル変革の旅でミラルと手を組むことをうれしく思う。それはヤス島観光と世界のビジターに価値を生み出し提供する」と語った。

バズCEOは「テクノロジーが飛躍的に進歩し顧客の期待が変化しつつある世界で、ミラルは世界一流の未来のテーマパーク体験を考え直す熱望と能力を示してきた。ビジネスコンサルティング、創造性、テクノロジー、データ科学におけるわれわれの専門能力をもたらすことによって、コネクテッドでイマーシブな体験を通じた類のないアトラクションにビジター体験を本格的に変革するミラルの役に立ちたいと願っている」と付け加えた

Cognizantでアジア太平洋・中東・インドを担当するナラヤン・アイヤー副社長は「われわれは一緒に、ミラルが各チャンネルに及ぶレジャー、エンターテインメント提供の現実、仮想両面を結合して、スマートで個人化され、イマーシブな体験を先導できるようなデジタルプラットフォームをつくり出した。われわれの分析、クラウド、機敏な開発能力を駆使してミラルがテクノロジー環境と力を生かし、優れた知見と喜ぶビジターに基づく市場の多様化を推進する手助けをしたい」と語った。

ミラルはアブダビ首長国での未来の観光地創造を目指しており、このプラットフォームは顧客・ゲスト体験をさらに進化、拡大させる限りない機会をミラルに与える。

これはヤス島のビジター体験、成長するテーマパークのポートフォリオを豊かにするミラルの新たな主要プロジェクトである。ヤス島にはフェラーリ・ワールド・アブダビ、ヤス・ウォーターワールドがあり、2018年にはワーナーブラザーズ・ワールド・アブダビ(Warner Bros. World Abu Dhabi)、クライム(CLYMB)が、また2022年までに次世代マリーンテーマパークであるシーワールド・アブダビ(SeaWorld Abu Dhabi)がオープンする予定。ヤス島はまた、ヤス・マリーナ・サーキット(Yas Marina Circuit)はじめ各種のスポーツ、エンターテインメント体験、7つのホテル、通年イベント、ライブ公演・コンサートアリーナ、18ホールのチャンピオンシップ・ゴルフコース、マリーナ、ビーチ、さらに人気が高まっているショッピングモールのヤス・モール(Yas Mall)、最近発表された複合用途開発のヤス・ベイ(Yas Bay)も提供している。

▽ミラルについて
ミラルは、ユニークでイマーシブかつエキサイティングな体験を通して人と場所をつなぐアブダビの観光地クリエイターである。ヤス島の開発と運営を担うミラルの資産は、エンターテインメント、ホスピタビリティー、レジャー、スポーツ、ダイニング、リテール、不動産など多岐にわたっている。ヤス島には現在、フェラーリ・ワールド・アブダビ、ヤス・ウォーターワールド、ヤス・リンクス・ゴルフコース(Yas Links Golf Course)、ヤス・モール、ヤス・マリーナ・サーキット、ヤス・マリーナ(Yas Marina)のほか、フラッグシップホテルのヤス・ヴァイスロイ(Yas Viceroy)など7つのホテルがある。詳細は (リンク ») を参照。

ソース:Miral Asset Management

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。