「PHPという言語は、Webアプリケーションを組む上で安全なのか危険なのか」(コラム)

古庄道明 親方の新連載「PHPでRASIS四方山話」がスタート

鈴与シンワート株式会社 2017年11月21日

鈴与シンワートは古庄道明 親方の新連載「PHPでRASIS四方山話」の第一回「PHPという言語は、Webアプリケーションを組む上で安全なのか危険なのか」を公開しました。

興味がある方はご覧ください。

###
このたび、こちらで「PHPでRASIS四方山話」を書かせていただく事になりました。古庄、と申します。よろしくお願いいたします。
「PHPでRASIS四方山話」では、PHPを「業務で扱うシステム構築言語」として考える上での、発注から受注、設計から作成運用まで、様々な観点の四方山話をしていきたいと思っております。

PHPといえば「Webアプリケーション」で使われる事が多い言語かと思いますが。
Webアプリケーションと言いますと、昨今「セキュリティ」のお話が、兎角賑やかに、かつ定期的に、色々なお話が勃発する領域でもあります。
本稿では、まず「PHPでWebアプリケーションを組む」事を、セキュリティの観点から少し考えてみたいと思います。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

鈴与シンワート株式会社の関連情報

鈴与シンワート株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]