学習院大学がマンガ研究フォーラム「マンガ批評/研究の転換期 -- 1995年、『マンガの読み方』の成立過程とその時代」 を開催

学習院大学 2017年11月20日

From Digital PR Platform




学習院大学人文科学研究科身体表象文化学専攻では、11月25日(土)にマンガ研究フォーラム「マンガ批評/研究の転換期―1995年、『マンガの読み方』の成立過程とその時代」 を開催する。
マンガ研究の第一人者である同研究科夏目房之介教授ほか7名の研究者が集い、マンガ批評/研究における最重要書物である『マンガの読み方』について、再考する。
 




マンガ研究フォーラム「マンガ批評/研究の転換期―1995年、『マンガの読み方』の成立過程とその時代」


日時:2017年11月25日(土)13:30~17:00
会場:学習院大学 西5号館 B1教室
  (キャンパス案内はこちら⇒ (リンク ») )
申込:不要
受講料:無料

進行予定:
   13:00【開場】
   13:30【開会】  挨拶 夏目房之介
   13:35【第1部】  報告『マンガの読み方』と「マンガ表現論」の成立過程
               野田謙介/三輪健太朗
   14:40【第2部】  座談会『マンガの読み方』の舞台裏
                小形克宏/近藤隆史/斎藤宣彦/竹熊健太郎
                司会:夏目房之介
            休憩(10分)
   16:30【第3部】  質疑応答
   17:00【終了】
      ※終了後、懇親会を予定しております。詳細は会場にてご案内します。

講演内容:
『マンガの読み方』(宝島社、1995年)の刊行から22年。マンガ表現の原理をわかりやすく説明し、
マンガ批評/研究に決定的な転換をもたらしたとされる本書は、しかしながら、
その後いちども再版されることがありませんでした。
そのため今日では、もはや入手することさえ困難な、なかば伝説的な書物となっています。
最終的な7名の執筆者のほかにもおおくのひとびとが定期的につどい、
約1年半ものあいだあつい議論がかわされていたと伝えられます。
「マンガ表現の百科全書」(瓜生吉則)ともよばれることになる本書は、いかなる時代背景のもとにうみだされたのか。
また、それぞれの役割分担はどのようなものであったのか。そしてその今日的意義とは何か。
残された制作資料(夏目氏保管分の約250点:約1500枚の紙資料および2本の録音テープ)と、
主要メンバーの証言をもとに、マンガ批評/研究の過去・現在・未来を再考します。

主催:学習院大学人文科学研究科身体表象文化学専攻
共催:学習院大学文学会



▼本件に関する問い合わせ先
 学習院大学人文科学研究科身体表象文化学専攻
  (リンク »)
 TEL: 03-5992-1404

【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]