世代間の戦争観・戦後観を歴史と文学から考察する シンポジウム「現代社会における戦争像と戦後像」文教大で開催

文教大学 2017年11月20日

From Digital PR Platform




文教大学国際学部(神奈川県茅ヶ崎市行谷、学長:近藤研至)が、シンポジウム「現代社会における戦争像と戦後像」を同大湘南キャンパスで12/2(土)に開催する。申込不要、入場無料。




本シンポジウムは、本学国際学部国際理解学科本浜秀彦教授が研究代表の共同研究「現代社会における戦争像と戦後像」の企画で開催されます。戦争体験者を祖父母に持つ、1970年代以降の世代(「戦後第二世代」)に注目して、「戦後第二世代」の言論や表現を、各研究メンバーが、親の戦争経験を伝えられた世代(「戦後第一世代」)との比較を含めた検証・分析をし、考察した戦争と戦後の歴史像を探るシンポジウムです。

シンポジウムでは、「戦後第二世代」の作家の高橋弘希氏をお招きし、架空の南島を舞台に描いた戦争小説「指の骨」(新潮文学新人賞受賞作、芥川賞候補作)の講演とインタビューを通して、戦争観を考察します。また、『「戦後」はいかに語られるか』を著した成田龍一氏(日本女子大学教授)をお招きし、「戦後第一世代」の戦後的思考について考察します。


パネルディスカッションでは、文学作品や映像作品の分析、若手論客の考察等を、「戦後」の問題点も踏まえて、「戦後第一世代」と「第二世代」の戦後観、戦争観の違いについて、考察します。


 詳細は以下のとおりです。

 ■ --- シンポジウム 「現代社会における戦争像と戦後像」 ---  ■
【日時】 2017年12月2日 13:20~16:30
【会場】 文教大学湘南キャンパス6号館 6101教室
【企画】 国際学部共同研究「現代社会における戦争像と戦後像」研究代表:本浜秀彦
【対象者】 どなたでも参加できます
【入場・申込】 無料 / 不要
【プログラム】
 ◆基調講演:1  13:20~
   「自著『指の骨』について語る」
   高橋弘希氏(作家・文教大学文学部中国語中国文学科卒業生)

 ◆公開インタビュー  13:50~
   高橋弘希氏への公開インタビュー

 ◆基調講演:2  14:20~
   「戦後的思考/戦後的思考とその先へ ―戦後史をあらためて考える」
   成田龍一(日本女子大学教授)

 ◆パネルディスカッション  15:10~
   [テーマ]  「現代の文学が描く戦争・労働・格差社会」
   [パネリスト] 楜沢健氏(文学評論家 早稲田大学講師)
          成田龍一氏(日本女子大学教授)
          奥田孝晴(文教大学国際学部教授)
   [司会]    本浜秀彦(文教大学国際学部教授)

 ◆フロアを交えての質疑応答

【問い合わせ】本浜秀彦:motohama@shonan.bunkyo.ac.jp


▼本件に関する問い合わせ先
文教大学学園経営企画局経営企画課広報担当
住所:東京都品川区旗の台3-2-17
TEL:03-3783-7511
FAX:03-3783-6109
メール:wcntct@bunkyo.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]