スターアジアグループによるスターアジア総合開発株式会社設立のお知らせ

スターアジアグループ 2017年11月21日

From 共同通信PRワイヤー

スターアジアグループによるスターアジア総合開発株式会社設立のお知らせ

AsiaNet 71124

ニュージャージー州、MOUNT LAUREL、2017年11月21日/ PRNewswire-AsiaNet / -

スターアジアグループは、2017年11月14日に浜田山不動産株式会社の買収を通じて、スターアジア総合開発株式会社(CEO兼代表取締役社長 梅木篤郎)の設立を完了しました。

スターアジアグループにおける開発機能として、スターアジア総合開発株式会社は、次世代の学生向けレジデンスであるPurpose Built Student Accommodation、エッジのきいたホスピタリティ施設や集合住宅、そして、その他の、独自の競争力を有すると考え得る物件の開発を行なっていく予定です。スターアジア総合開発株式会社は、主にスターアジア不動産投資法人(SAIC、証券コード3468)へ開発済物件パイプラインの供給を行なうことにより、SAICの成長を加速し、自身の資本の回転率を高めることを意図しています。スターアジア総合開発株式会社は、スターアジア・マネジメント・リミテッド、スターアジア・アセット・アドバイザーズ株式会社、GSAスターアジア株式会社を含むスターアジアグループ内企業と密接に連携していくことにより、グループ内の経営資源を最大限に有効活用していきます。

スターアジア総合開発株式会社のCEO兼代表取締役に就任した梅木篤郎は、不動産開発、不動産建設、不動産賃貸、不動産売買の分野で30年の経験を有する、幅広い人脈を持つ、不動産プロフェッショナルです。就任前は、主に首都圏内における不動産開発及びプロパティマネジメント業を展開する上場企業、株式会社明豊エンタープライズ(証券コード8927)の代表取締役社長を務めました。それ以前は、株式会社トーメン(現豊田通商株式会社)において、東京及びニューヨークにて不動産建設、開発に従事しました。

スターアジアグループは、梅木篤郎氏とスターアジア総合開発株式会社を迎えることで、重要な不動産開発機能を獲得し、グループ内の不動産エコシステムの拡大、補強を可能とします。

(日本語リリース:クライアント提供)


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]