横浜商科大学の「観光ビジネス講座」を「函館」「幕張」でも開催 -- 平成29年度文科省委託事業 --

横浜商科大学 2017年11月21日

From Digital PR Platform




横浜商科大学(横浜市鶴見区)は今年度開催が予定されているニセコ、川崎同様に11月29日に幕張で、12月14日から15日にかけて函館にて、それぞれ「観光ビジネス人材育成講座」を開催する。これは、同大が文部科学省委託事業として取り組む「地域インバウンド対応のための観光ビジネスフロンティア人材育成事業」の一環として行うもの。




 横浜商科大学では、文部科学省より平成29年度「専修学校による地域産業中核的人材養成事業」(観光分野)を受託し、「地域インバウンド対応のための観光ビジネスフロンティア人材育成事業」に取り組んでいる。
 今年度開催が予定されている、ニセコ(北海道)、川崎(神奈川県)とならび、幕張(11/29)、函館(12/14~15の2日間)でもこれを開催する。
 各講座の受講修了者には「修了証」が授与される(社会人向け/学生も参加可)。それぞれの講座概要は下記の通り。各講座チラシに記載してある内容をご確認のうえ、web申込フォームにアクセスし申込み。幕張ついては参加申し込みを11月24日まで延長する。。


「~千葉のMICEを観光ビジネスに広げる~地域インバウンド対応のための観光ビジネス人材育成講座」
  (リンク »)
◆開催日:2017年11月29日(水)※参加申し込みを11月24日(金)まで延長※
◆開催場所:幕張メッセ 国際会議場会議室101(JR海浜幕張駅から徒歩5分  (リンク »)  )
◆スケジュール:
9:30 受付開始
10:00 開会挨拶&事業説明
10:10~11:20 講座(1)「地域にとっての観光・MICEの意義」 講師: 松本博樹(千葉大学准教授、東京国際大学客員講師他)
11:20~12:00 講座(2)「地域イベントを観光資源として考える」講師: 中島悠介氏(千葉市観光協会観光推進委員他)
12:00~13:00 昼休憩
13:00~13:30 フィールドワーク準備&グループ分け
13:30~15:00 フィールドワーク「第5回鉄道技術展2017」見学 (幕張メッセ内) (リンク »)
15:00~16:00 グループ討議(ワークショップ)
16:00~16:30 発表
16:30~16:50 講評
17:00 終了予定
◆定員:30名


「インバウンド発祥の地・函館で新たな観光創造! 観光ビジネス人材育成講座 in 函館」 
  (リンク »)
◆講座概要:インバウンドの発祥の地の一つと言える函館において、データ分析をもとに課題を見つけ出し、近い将来に新幹線でつながるニセコ等の他地域のインバウンド(とくにFIT)客をターゲットとしたビジネス創出の可能性を探る。
◆開催日:2017/12/14(木)~12/15(金)
◆開催場所:函館コミュニティプラザGスクエア イベントスペースB(函館市本町24番1号シエスタハコダテ4階)  (リンク »)
◆定員:30名
◆受講料:無料


(関連記事)
インバウンドの最先端ニセコで学ぶ!観光ビジネス人材育成講座
(リンク »)


ー川崎でのインバウンド観光は以下にあるべきかー地域インバウンド対応のための観光ビジネス人材育成講座
(リンク »)


問い合わせ・連絡先
横浜商科大学 学術情報センター
中核的人材養成事業担当事務局
〒230-8577 神奈川県横浜市鶴見区東寺尾4-11-1
TEL: 045-583-9057
FAX: 045-584-4870
以上




【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]