「2つのエンジン」で推進される共同イノベーションのためのグローバルネットワーク構築

Qingdao National Laboratory for Marine Science and Technology (QNLM) 2017年11月21日

From 共同通信PRワイヤー

「2つのエンジン」で推進される共同イノベーションのためのグローバルネットワーク構築

AsiaNet 71116 (1863)

【青島(中国)2017年11月20日新華社=共同通信JBN】現在、世界的な気候変動は全人類が直面する大きな課題となっている。それは熱帯低気圧、熱波、冬の嵐、洪水、海面上昇などの異常気象現象を悪化させ、農業、エネルギー、産業活動、海洋生態系、持続可能な沿岸開発に深刻な影響を与え、数十億ドル規模の経済的損失をもたらす。

いかなる国も単独でこの地球規模の気候変動問題を解決することはできない。中国で初の試験運用中の国家的実験室であるQingdao National Laboratory for Marine Science and Technology(QNLM、青島海洋科学・技術国家実験室)は2015年以来、共同イノベーションのためのグローバルネットワークを構築し、海洋と気候に関する最先端の戦略的、基本的、固有の技術革新を実行することに専念してきた。

米国とオーストラリアとの2つの海外共同実験室(研究所)の設立

高分解能のコンピューターと地球気候システム・モデルに基づき、地球の気候を正確、詳細に予測することは世界にとって主要な課題である。グローバルな気候変動によるネガティブな影響を緩和するために、QNLMは米国大気研究センター(NCAR)とテキサスA&M大学(TAMU)と共同で、International Laboratory for High-Resolution Earth System Prediction(iHESP、高分解能地球システム予測国際研究所)の建設を推進している。

iHESPは、QNLMと世界の主要な地球科学研究機関により共同設立された第2の共同実験室である。第1の共同実験室はオーストラリアのホバートにあるInternational Center for Southern Hemisphere Oceans Research (CSHOR、南半球海洋研究国際センター)で、2017年5月22日にQNLMとCSIRO(オーストラリア連邦科学産業研究機関)が共同でCSHORを開設した。21世紀海洋シルクロードイニシアチブ(The 21st Century Maritime Silk Road Initiative)に従って、CSHORは世界の海洋リソースを集積してイノベーションを強化し、南半球の海洋と南極の研究で協力し、海洋研究の人材を訓練養成し、中国の海洋科学・技術の発展を促進すること目指している。

米国と青島の双方に拠点を置くiHESPは、気候変動に対処するためのウィンウィンの協力の新たなもう1つのハイエンドで革新的なプラットフォームになるであろう。iHESPは、高分解能の地球システム予測の研究に重点を置き、モデル開発を活発に促進し、地球システムのマルチスケールな内部相互作用の科学的認知度を高めるために、より多くのリソースをプールすることになろう。また、Future Earth、IGBP、WCRPなどの国際プログラムとの協力を強化し、地球システム・シミュレーションと予測研究のグローバルセンターとなることを目指す方針だ。

QNLMはまた、「開放性、モビリティー、共同、共有」の原則に従ってドイツ、ロシア、米国などの諸国と協力して、グローバルな共同イノベーション・ネットワークを構築し、世界クラスの包括的な海洋研究センターとなるために、合計5つの国際共同研究センターと100以上のオープンスタジオを設立する意向である。

気候変動研究のためのオープンなプラットフォーム構築

QNLMは、科学技術の構造的な改革を深化させ、基本的な応用研究を実施し、多数のパブリックの研究プラットフォームと科学研究施設クラスターの建設を推進してきた。

2016年末には、QNLMの高性能コンピューティングセンターが運用開始され、海洋分野では世界最速のコンピューティングスピードを提供している。現在、センターの研究者らは「スーパーコンピューティングの次の冠」と見なされているエクサスケールのスーパーコンピューティングの研究を行っている。さらにChina Telecom Group(中国電信集団)、済南および無錫の National Supercomputing Center (国家スーパーコンピューティングセンター)と協力して、QNLMは初の国際スーパーコンピューティング・ネットワークを構築するための主要な技術革新プロジェクトに重点を置いている。QNLMは世界における指導的地位を維持するための主要な施設とインフラストラクチャーのプラットフォームを構築するために確固として活動する方針である。

ソース:Qingdao National Laboratory for Marine Science and Technology (QNLM)


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]