ピーター・キム氏がアジア担当マネージングディレクターとしてQuadRealに入社

QuadReal 2017年11月22日

From 共同通信PRワイヤー

ピーター・キム氏がアジア担当マネージングディレクターとしてQuadRealに入社

AsiaNet 71172 (1869)

【バンクーバー(カナダ)2017年11月22日PR Newswire=共同通信JBN】QuadReal Property Groupはピーター・キム(Peter Kim)氏のアジア担当マネージングディレクター任命を発表する。キム氏はアジア太平洋地域でのQuadRealの戦略に重点を置いてQuadRealの国際的ポートフォリオの構築に責任を負う。

キム氏はデニス・ロペス最高経営責任者(CEO)と国際不動産担当のジョナサン・ドゥボイスフィリップス社長が率いるQuadRealの国際チームの優れた定評のある業界指導者らのグループに加わる。QuadReal国際チームのメンバーらはQuadRealの主要な国際市場での数十年の一体化した経験と専門知識を体現している。

ドゥボイスフィリップス氏は「ピーター(キム氏)の世界的な業界経験の広がりと深さは、すでに強力なQuadRealの国際チームの能力、とりわけアジア太平洋地域での可能性を拡大する。来るべき数年に当社は、世界の魅力ある投資機会への参入を助勢する世界中の最高クラスの投資・開発パートナーと協力して、国際ポートフォリオを大いに拡大する計画だ。ピーターはこの戦略の成功のために重要である」と語った。

キム氏は経歴を通じて北米、欧州、アジア太平洋、中東に住み、働いており、20年にわたり世界の不動産業界で上級職に上り詰めてきた。

最近では、キム氏はアブダビ投資庁(ADIA)不動産・インフラストラクチャー部門のシニアポートフォリオマネージャーとして、アジア太平洋地域担当の責任者だった。ADIAはアブダビ首長国政府を代表して資産を投資するために設立された政府系ファンドである。

その前は、キム氏は香港のCBRE Global Investorsのマネージングディレクターだった。そこでは、アジア太平洋のRegional Head of Acquisitionsとアジア全域のオポチュニスティック戦略であるCBRE Phoenix Real Estate Fundのファンドマネージャーの2役を務めた。リーマン・ブラザーズでは投資銀行業務とフィクストインカムの部門で11年過ごし、同社のアジアでの不動産投資銀行チームを構築し、率いた。

キム氏は米コネティカット州ミドルタウンのウェズリアン大学の文学士コースを3位の優等で卒業した。同氏は「QuadRealの国際チームにこの変動期に加わり、世界的な評価の高いパートナーとしての同社の声価を一層高めることに寄与できることは喜ばしい。多様な景気循環を乗り越えて成果を上げるポートフォリオを運用し、成長させるチームの1員となることを楽しみにしている」と語った。

▽QuadRealについて
QuadReal Property Groupはブリティッシュコロンビア州バンクーバーに本社を置き、世界的スケールで活動するカナダの不動産投資・開発・運用企業である。同社の245億ドルのポートフォリオは17カ国、23の世界的都市に広がる。カナダ最大級の機関投資家bcIMCが所有するQuadRealはその不動産投資ポートフォリオを管理するために設立された。QuadRealは着実な成長としっかりした投資利益を生み、同社が奉仕する人々とコミュニティーに価値をもたらす環境を創造して持続させることを目指している。詳細は次を参照: www.quadreal.com

ソース:QuadReal

▽メディア問い合わせ先
Ian Noble
Edelman
ian.noble@edelman.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。