クエスト・グローバル会長兼CEOのアジット・プラブがオールド・ドミニオン大学より表彰される

クエスト・グローバル 2017年11月27日

From 共同通信PRワイヤー

クエスト・グローバル会長兼CEOのアジット・プラブがオールド・ドミニオン大学より表彰される

AsiaNet 71208

シンガポール、2017年11月27日/PRニュースワイヤー/ --

・アジット・プラブが機械工学部の殿堂入り

・校友会より功労賞を受賞

クエスト・グローバル(QuEST Global)会長兼CEOのアジット・プラブが、自身の母校でもあるオールド・ドミニオン大学機械工学部(Department of Mechanical Engineering of the Old Dominion University)の殿堂入りを果たしました。アジットはこの終身栄誉を学部長のセバスチャン・バワブ博士から受け取りました。同大学の87年の歴史で、殿堂入りはアジットが3人目。アジットの前に殿堂入りしたのは、初代学部長のジェネ・ゴグリア博士と学部の著名な教授、スレン・ティワリ博士です。

アジットはまた、世界をリードするグローバルなエンジニアリング企業、クエスト・グローバル設立の功績により大学校友会より功労賞(Outstanding Achievement award)を授与されました。この賞は、職業上あるいは個人的尽力で異例の功績を上げ、その分野でリーダーとして認められている卒業生に与えられる最高の栄誉です。

アジット・プラブは、オールド・ドミニオン大学卒業後の1997年、アラビンド・メリゲリと共同でクエスト・グローバルを設立しました。これまでの20年で同社は13か国に40のセンターを持ち、従業員8,700人を雇用するまでに成長しました。

受賞のあいさつでアジットは、次のように喜びを表しました。「我が母校からこの賞を与えられ、心から嬉しく思います。今後25年間で世界は大きく変化します。現在の事業で成功するため、企業は世界から人材を集め、育てる能力を必要としています。クエスト・グローバルは、時代を超えて生き残り、顧客に最も尊重され認められるエンジニアリングソリューションの企業と見なされる、持続可能で大規模対応が可能な組織作りをしています」

クエスト・グローバルについて

クエスト・グローバルは、世界規模でのエンジニアリングソリューションプロバイダー( (リンク ») )で、航空エンジン、航空宇宙、防衛、ハイテク装置、産業装置、医療装置、石油・ガス、電力、運送業の高度技術企業の製品開発及び生産工学のニーズを満たしてきた20年の実績を持っています。同社は、完全なエンジニアリングライフサイクルに渡る機械、電気、電子、組込み、エンジニアリングソフトウェア、エンジニアリング分析、製造エンジニアリング、サプライチェーン変革ソリューションを提供しています。


ソース: クエスト・グローバル


(日本語リリース:クライアント提供)


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]