CLX CommunicationsがエンタープライズA2PメッセージングのMblox終了を発表

CLX Communications 2017年11月28日

From 共同通信PRワイヤー

CLX CommunicationsがエンタープライズA2PメッセージングのMblox終了を発表

AsiaNet 71239 (1910)

【ロンドン、ストックホルム2017年11月27日PR Newswire=共同通信JBN】
*メッセージングブランドのMbloxとCardBoardFishは親会社のCLX Communicationsが吸収

大手クラウドベース通信プロバイダーのCLX Communications( (リンク ») )AB(XSTO:CLX)は27日、A2P(アプリケーション・個人間)エンタープライズ・メッセージングブランドのMbloxを12月の初めに終了する計画を発表した。

(Logo: (リンク ») )

2000年に創立されたMbloxは世界中のビジネスにA2P SMSを導入した初期のパイオニアだった。Mbloxは長い間、世界有数の主要モバイルメッセージング会社で、モバイルメッセージング業界では最も評価されたブランドの1つだった。

今回の決定はCLXがMbloxを1億1700万ドルで買収してから約2年後のことであり、両社の統合計画が終わったことを意味している。MbloxとメッセージングプロバイダーCardBoardFish(Mbloxが2014年に買収)の双方のシステム、プロセス、従業員はCLXの既存事業に統合された。

MbloxとCardBoardFishのウェブサイトは2017年12月5日からオフラインになり、CLXのウェブサイトにリダイレクトされ、両社の顧客ポータルはCLXの顧客ポータルへとマイグレートされる。

CLXのロバート・ガーストマン共同創立者兼ディレクターは「われわれはMbloxの成功と、それが残したことを大きな誇りとする。それはモバイルメッセージングで抜きんでたブランドの1つであり、私自身と多くの仲間の手によって生まれたものだ。しかし、われわれCLXのミッションはシンプルで、それは主要なクラウド通信会社になることである。この目的達成のために当社が常に意図しているのは、会社を統合し、CLXの社名のもとで統一されたブランドサービスを持つことで強さを獲得することである」と述べた。

▽CLX Communicationsについて
CLX Communications(CLX)は、エンタープライズおよびモバイルオペレーター向けのクラウドベース通信サービスおよびソリューションで世界をリードするプロバイダーである。CLXのモバイル通信サービスは、企業が迅速かつセキュア、かつコスト効率に優れた形で顧客および、コネクテッドデバイス、すなわちインターネット・オブ・シングス(IoT)と世界中で通信することを可能にする。

CLXのソリューションは、IoT向けにモバイルメッセージングサービス(SMS)、音声サービス、モバイルコネクティビティーサービスを通じてビジネスに不可欠な世界通信を実現する。CLXは創業以来、収益を上げてきた。グループはスウェーデンのストックホルムに本社を置き、他の20カ国以上にプレゼンスを確保している。

CLX Communicationsの株式はストックホルムのNASDAQ市場(XSTO: CLX)で取引されている。

詳細は (リンク ») を参照。

ソース:CLX Communications

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。