駒澤大学玉川キャンパスの食堂「駒Dining」でアスリート食を提供する「食トレ」を実施 -- 食事で体を強化

駒澤大学 2017年11月28日

From Digital PR Platform




駒澤大学(東京都世田谷区/学長:長谷部八朗)は、今年4月から一流アスリートに食事を提供する実績を持つ株式会社メルコーポレーションに委託し、「食トレーニング(食トレ)」をスタート。運動用施設がある玉川キャンパス内の食堂「駒Dining」にてアスリート食の提供を行っている。




 「食トレ」とは、食事もトレーニングの一環と捉え、食事によって体作りを強化する取り組み。「駒Dining」はグラウンドや体育館に隣接しているため、運動後30分以内にアスリートのために考えられた食事を取ることができる。

 この取り組みにより、学生が自ら「駒Dining」スタッフに肉体改造や試合スケジュールに合わせた食事について相談するなど、食に対する意識が高まっている。
 さらに、部員の体つきの変化から「食トレ」の効果が実感でき、「駒Dining」内で学生同士の交流も生まれるなど、種目の垣根を越え、食を通して互いの刺激となっている。

大学では今後もスポーツの強化に対し、さまざまな面からサポートに努めていく。

※この取り組みは同大の父母の会である「駒澤大学教育後援会」の支援事業である。

【玉川キャンパス アクセス】
  (リンク »)  

▼本件に関する問い合わせ先
 駒澤大学総務部広報課
 〒154-8525 東京都世田谷区駒沢1-23-1
 TEL: 03-3418-9828
 E-mail: koho@komazawa-u.ac.jp
 URL:  (リンク »)


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]