共立女子大学・短期大学がスポーツフォーラムを開催 -- 東京2020オリンピック・パラリンピックにおいてボランティアとしてどう関われるのかを障がい者スポーツ支援の視点で探る

共立女子大学 2017年12月01日

From Digital PR Platform




共立女子大学・短期大学(東京都千代田区、学長:入江和生)は12月6日(水)、共立講堂において「2017スポーツフォーラム」を開催する。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催へ向けて、実際にボランティアとしてどう関われるのかを、障がい者スポーツ支援の視点で理解することを目的とした内容となる。本プログラムは「東京2020応援プログラム」として、 東京オリンピック・ パラリンピック競技大会組織委員会に認定されている。入場無料(要予約)。




「2017スポーツフォーラム」
■日時  2017年12月6日(水)13時00分~16時00分(開場12時30分)
■会場  共立講堂(千代田区一ツ橋2-2-1)
■テーマ 「東京2020オリンピック・パラリンピックにおいて、ボランティアとしてどう参加・協力できるか」
■対象  共立女子大学・共立女子短期大学在学生・卒業生、千代田区在住・在勤者、近隣の小学生・中学生・高校生・大学生、一般の方
■言語   日本語(手話通訳付き)
■参加費 入場無料
■定員   500名
■申込方法
・共立女子大学・共立女子短期大学の在学生は学内システム(kyonet)を利用して申込
・千代田区民 他 一般の方は電話またはFAXにて申込
TEL: 03-3237-2611(平日のみ・9時~17時 受付)
FAX: 03-3237-1278
■主催 共立女子大学・共立女子短期大学
■後援 千代田区、東京ガス株式会社、(社福)千代田区社会福祉協議会
■プログラム
【開会挨拶】 石川雅己氏(千代田区長)
【基調講演】「共生社会実現への道」
 講師:高橋秀文氏(日本障がい者スポーツ協会常務理事、日本パラリンピック委員会副委員長)
《休憩・障がい者スポーツ紹介》
・障がい者スポーツ・用具紹介コーナー(ボッチャ・ブラインドサッカー・伴走マラソン・義足)
・競技体験コーナー(ボッチャ)
・清水一二写真展「知ることが力になる」
【講演】「障がい者スポーツの魅力」 清水一二氏(写真家)
【質疑・応答】
 高橋秀文氏
 清水一二氏
 水上真衣氏(東京ガス)インチョン2014アジアパラ競技大会銀メダリスト
【ボランティア情報等の紹介】(社福)千代田区社会福祉協議会
【閉会挨拶】 入江和生(共立女子大学・共立女子短期大学学長)

●「2017スポーツフォーラム開催のお知らせ」(共立女子大学・共立女子短期大学HP)
   (リンク »)


▼本件に関する問い合わせ先
共立女子大学・共立女子短期大学 学生課
住所:東京都千代田区一ツ橋2-2-1
TEL:03-3237-2611
FAX:03-3237-1278


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]