Honda Advanced DesignとTriggerがオートモビリティーLAデザイン&デベロッパー・チャレンジの審査員賞獲得

ロサンゼルス・オートショー(Los Angeles Auto Show(R)) 2017年12月01日

From 共同通信PRワイヤー

Honda Advanced DesignとTriggerがオートモビリティーLAデザイン&デベロッパー・チャレンジの審査員賞獲得

AsiaNet 71312 (1942)

Honda Advanced DesignとTriggerがオートモビリティーLAデザイン&デベロッパー・チャレンジの審査員賞を獲得

【ロサンゼルス2017年12月1日PR Newswire=共同通信JBN】
*両者の銀河系間のコンセプトは、ロサンゼルスのモビリティーを向上させる目的で開催されたクリエーティビティーを推進するコンペ「2017年デザイン&デベロッパー・チャレンジ」の審査委員に感銘を与えた

*「Industry Pick(業界賞)」と「People’s Pick(一般賞)」を巡って11チームが戦う

ロサンゼルス・オートショー(LA Auto Show(R))( (リンク ») )とオートモビリティーLA(AutoMobility LA(TM))( (リンク ») )の開催者は、Honda Advanced Design( (リンク ») )とTrigger( (リンク ») )がマイクロソフト( (リンク ») )提供の今年のデザイン&デベロッパー・チャレンジ(Design & Developer Challenge)の「Judges’ Pick(審査員賞)」優勝者に選ばれたと発表した。車両デビューおよびデザインデー・プログラミングに続き、これらのコンセプトは11月29日のオートモビリティーLAで業界およびメディアの専門家にプレゼンテーションされた。

Logo - (リンク »)

世界の30社以上の企業が今年のデザイン&デベロッパー・チャレンジへの参加を申請した。このチャレンジは、2060年に重要な世界スポーツイベントの開催に名乗りを上げるロサンゼルス市の提案の一環として「スマート」なロサンゼルス市の新しいモビリティープランを参加企業が作成することを求めた。申請者の中から、自動車、テクノロジー、建築、デザインのセクターの11チームが参加し、コンセプトを提出した。慎重な検討プロセスを経て、5つのファイナリストが審査委員会によって選ばれ、オートモビリティーLAでモビリティープランをプレゼンテーションした。Honda Advanced DesignとTriggerは審査員によって1位に選ばれ、GK Design International Inc.( (リンク ») )、Launch Forth, Allianz、Ottobock、Red Bull and International Paralympic Committee( (リンク ») )、oiio( (リンク ») )、ZGF Architects( (リンク ») )など、他のファイナリストに打ち勝った。

スコアの基礎となるコンセプトビデオで、参加企業は銀河系間のマルチモーダル・システム、大量および個人輸送の全く新しい考え方、家庭やスポーツ会場の観戦者向けのバーチャルリアリティー(VR)および拡張現実(AR)の観戦オプション、身体障害者のためのモビリティー・ソリューション、地上・空中・海上でのスポーツイベントなどを含むコンセプトを提案した。

Honda Advanced Designのクリエーティブディレクターであるリッキー・シュー氏は「モビリティーコンセプトをデザインする際、われわれはロサンゼルスの地元に適用可能なグローバルな取り組みを行った。われわれの目標は、人間の体験を考慮し、大量および個人輸送、ダイナミックな輸送を活用するスポーツ会場、パラリンピック・アスリートのための拡張人工装具などに対処できる多数のモビリティー・システムを構築することだった。この賞を受賞できたことを光栄に思うとともに、オートモビリティーLAのチャレンジで競い合うチャンスに恵まれたことを大変うれしく思う」と語った。

このチームは一連の独自のVRウィングを公開し、審査委員会と会場の観客の前で革新的なコンセプトを紹介した。このイベントに先立ち、このチームは、審査委員が「よりスマート」な車両および建造物の独創性、形式、機能に基づくコンセプト、住民の生活への影響、ロサンゼルス市のデータセットの利用、前提となる「Smarter L.A. 2060」の取り込みなどを検討する多数の資料を提出した。

マイクロソフトの製品マーケティング担当ディレクターであるマーク・ペンダーグラスト氏は「世界で最も技術的に進んだデバイスの幾つかは車両であり、Hondaのようなテクノロジーとデザインを重視する自動車メーカーが車両、会場、パーソナルなソリューションにおいて将来のモビリティーで重要な役割を果たすのは納得できる。われわれはHonda Advanced DesignとTriggerに大変感銘を受け、両者のデザインが未来をどのように規定するかを見るのが待ち遠しい」と語った。

今年のデザイン&デベロッパーの審査委員は次の通り。
*クリス・ダウン氏、マテルのホットウィール上級副社長&グローバルブランド・ゼネラルマネジャー
*クレイ・ディーン氏、Under Armour(アンダー・アーマー)最高イノベーション責任者
*ダニー・スティリオン氏、IDEOパートナー&エグゼクティブ・デザインディレクター
*ジェイミー・シチュッロ氏、Autodeskソリューション・エグゼクティブ
*リカード・ジラルディ氏、Microsoft NEXTのプリンシパル・クリエーティブ・ディレクター
*セレタ・レイノルズ氏、ロサンゼルス市交通局長
*スチュワート・リード氏、Art Center College of Design交通デザイン責任者

ConnectedTravelの創設者兼最高経営責任者(CEO)でオートモビリティーLAの諮問委員会メンバーであるブライアン・ビニアク氏は「今年のオートモビリティーLAのデザイン&デベロッパー・プログラムにこれまで以上に多く、かつ世界中から多様なチームが参加したことを誇りに思う。将来のモビリティーの向上に関して言えば、このプログラムとチャレンジは業界におけるデザイン、イノベーション、コラボレーションの重要性に根差している。参加チームはわれわれのショーの精神を代表するクリエーティビティー、タレント、ドライブを発揮し、われわれは大きな感銘を受けた」と語った。

11チームは全て、今年のコンペの残り2つの賞を獲得する機会がある。「Industry Pick(業界賞)」は、デザイナー、自動車メーカー、ジャーナリスト、その他の専門家がウェブサイトwww.automobilityla.com に掲載される全ての参加者のコンセプトを審査し、12月1日から好みのチームに投票する。また「Pople’s Pick(一般賞)」は、LAオートショーの訪問者と世界中の人がウェブサイトwww.laautoshow.com で最高と思うチームに投票するチャンスがある。両賞の入賞者は12月11日の週に発表される。

自動車デザイン・イノベーションの中心地ロサンゼルスで開催されるオートモビリティーLAのデザイン&デベロッパー・チャレンジは、自動車デザイン・コミュニティーとエンターテインメント、テクノロジー、建築、都市計画など多様な分野が融合する世界唯一の年次コンペである。今年のチャレンジは、マイクロソフト( (リンク ») )が提供し、Autodesk( (リンク ») )、Lacks Enterprises( (リンク ») )がサポートし、ロサンゼルス市交通局がオフィシャルパートナーを務めた。

Design & Developer Programに関する詳細は次を参照: (リンク »)

オートモビリティーLAおよびLAオートショーで起きるその他の体験の詳細は次を参照: (リンク ») と (リンク »)

▽ロサンゼルス・オートショー(Los Angeles Auto Show)およびオートモビリティーLA(AutoMobility LA)について
1907年創設のロサンゼルス・オートショー(Los Angeles Auto Show、LA Auto Show(R))は、毎シーズン最初に開催される主要な北米自動車ショーである。2016年LAオートショーのプレス&トレード・デー(Press & Trade Days)はコネクテッドカー・エキスポ(CCE)と統合され、オートモビリティーLA(AutoMobility LA(TM))となって登場した。オートモビリティーLAはテクノロジー業界と自動車業界を統合し、新製品と新技術を発表し、交通とモビリティーの将来を取り巻く喫緊の問題を討議する業界初のトレードショーである。2017年のオートモビリティーLAは11月27-30日にLos Angeles Convention Centerで開催され、併せてメーカーの新車も披露される。2017年LAオートショーは12月1-10日に一般公開される。オートモビリティーLAは新興自動車企業がビジネスを行い、画期的な新製品を公開し、世界中から集まるメディアと業界の専門家の前で新戦略を発表する場でもある。LAオートショーはロサンゼルス大都市圏(Greater L.A.)New Car Dealer Associationの後援を得てANSA Productionsが運営する。最新のショー関連ニュースや情報はLAオートショーのTwitter(www.twitter.com/LAAutoShow )、Facebook(www.facebook.com/LAAutoShow )またはInstagram( (リンク ») )をフォローし、アラート( (リンク ») )に登録を。オートモビリティーLAの詳細はウェブサイト (リンク ») を参照。

▽報道関係問い合わせ先
Brian Alexander/Amanda Niklowitz
JMPR Public Relations, Inc.
+1-(818)992-4353
balexander@jmprpublicrelations.com
aniklowitz@jmprpublicrelations.com

ソース:Los Angeles Auto Show

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]