中央大学・知覧特攻平和会館共同企画展「戦争を生きた先輩たち~中央大学出身の特攻隊員~」を開催

中央大学 2017年12月04日

From Digital PR Platform




 2017年12月8日(金)から14日(木)にかけて、中央大学多摩キャンパスにて「戦争を生きた先輩たち~中央大学出身の特攻隊員~」を開催いたします。企画展開催期間中は、南九州市(鹿児島県)にある知覧特攻平和会館の第二次世界大戦にまつわる展示品や書物を観覧することができます。
 また、12月13日(水)には、企画展開催記念講演会を開催いたします。講演会には塗木弘幸南九州市長にご登壇いただくほか、本学総合政策学部所属の松野良一教授の研究室にて作成したドキュメンタリー映像の放映を予定しています。
 企画展、企画展開催記念講演会共に、どなたでもご参加いただけ、申込不要、入場無料です。




 太平洋戦争末期の総力戦の中、多くの大学生が学徒兵として戦渦に身を投じました。陸軍特別攻撃隊員として戦死した方々の遺書、遺品等を保存、展示している知覧特攻平和会館には、本来の夢を捨てて特攻出撃した学徒出身隊員の資料が数多く残されており、その中には中央大学出身の隊員の記録もあります。当時の学徒兵の心情に触れていただき、戦争について、また平和についての考えを構築するための一助としていただくために、キャンパス内での展示が企画されました。

■ 中央大学・知覧特攻平和会館共同企画展「戦争を生きた先輩たち~中央大学出身の特攻隊員~」
中央大学出身の特攻隊員の遺品などを展示します。
期間:2017年12月8日(金)~14日(木)※月~土 9時~17時(中央図書館の開館時間)
場所:多摩キャンパス中央図書館 1階展示ホール
対象:どなたでもご自由にご観覧いただけます。

■ 中央大学・知覧特攻平和会館 共同開催企画展開催記念講演会
本学総合政策学部所属の松野良一教授の研究室にて作成したドキュメンタリー映像「後に続くを信ず-元特攻志願兵の証言-」の放映やドキュメンタリー映像制作に携わった学生による講演を通して、先輩の想いを偲びます。
開催日時:2017年12月13日(水)15時~16時30分
場所:多摩キャンパス8号館2階8202号室
対象:どなたでもご自由にご参加いただけます。
(席に限りがございますので、満席の場合は会場後方にて参加いただくことをご了承ください。)





<本件に関するお問い合わせ>
 中央大学学事部 学事・社会連携課
  TEL:042-674-2269


<取材に関するお問い合わせ>
 中央大学広報室
  TEL:042-674-2050
  Email:kk@tamajs.chuo-u.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。