大阪工業大学の「地域産業支援プラットフォーム(OIT-P)」が文部科学省の私立大学研究ブランディング事業に採択

大阪工業大学 2017年12月06日

From Digital PR Platform




大阪工業大学(大阪市旭区)の「地域産業支援プラットフォーム(OIT-P)」がこのほど、文部科学省の「平成29年度 私立大学研究ブランディング事業(タイプA【社会展開型】)」に採択された。今後も「ものづくり大阪を支える」という大学ブランドづくりを推進する。




 OIT-Pは同大の特色ある研究分野の「ナノ材料」「ロボティクス&デザイン」「知的財産」の力を結集し、地域企業のIoT知的機器開発やそれを活用したサービスの社会展開をサポートするプラットフォーム。大阪産業技術研究所や大阪商工会議所と連携して、地域企業とのネットワークを構築し、特に「環境・健康モニタリング機器」「次世代家電システム」「生活支援ロボット」などを中心課題として活動している。

 文部科学省の 私立大学研究ブランディング事業は、全学的な看板となる研究を推進し、大学の独自色や魅力を発信する取り組みを支援するもの。タイプAは、地域の経済・社会、雇用、文化の発展や特定の分野の発展・深化に寄与する取り組みで、今年度は全国123の私立大学・短期大学が申請し、33件が採択された。事業期間は5年(平成29年度~33年度)。

・地域産業支援プラットフォーム
(リンク »)

・文部科学省の関連HP
(リンク »)





▼本件に関する問い合わせ先
学校法人常翔学園 広報室
松下、上田
住所:大阪市旭区大宮5-16-1
TEL:06-6167-6208
FAX:06-6954-5108


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]