【人工知能×ものづくり】京都で産学AIフォーラム開催@京都リサーチパーク(KRP)

京都リサーチパーク株式会社 2017年12月07日

From PR TIMES

2017年12月20日(水)開催|フォーラム「3回でつかむ『人工知能×ものづくり』」~最先端の機械学習研究と社会実装~@京都リサーチパーク(KRP)

12月20日(水)に産業界・学術界が集う、第2回KRPフォーラム「3回でつかむ『人工知能×ものづくり』」を開催します。今回は「AIの仕組み・最先端の研究知見・日本の政策動向」がテーマです。機械学習の最新の研究とは?AIをビジネスに活用するには?政府のAI技術戦略とは? これらについて、機械学習の研究開発に従事され、船井学術賞等も多く受賞されている京都大学知能情報学専攻長の鹿島久嗣氏、IBM WatsonのAPI開発に関わり、豊橋技術科学大学で客員教授もされている日本IBM東京基礎研究所の立花隆輝氏、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の村本衛一氏からお話をいただきます。講演後には講師の方々とのディスカッションができる交流会も設けています。お申込み受付中です。



[画像1: (リンク ») ]



本年度から京都リサーチパーク(株)産学公連携部が運営する「E2M Square」は、電子技術分野、エネルギーシステム関連分野、メカニクス分野において、当該分野の技術動向や最先端研究知見、オープンイノベーション等に関する情報の提供や、産学公にわたる参加者の交流の場を提供する取り組みです。新ビジネス創出を目指すものづくり企業を軸に産学公のプレイヤーが集まる広場(Square)を目指しています。「E2M Square」ネットワークにご登録いただきますと、研究会やフォーラム等の情報を先行してご案内します。
[画像2: (リンク ») ]

「E2M Square」詳細・登録
【 (リンク ») 】

「E2M Square」の取り組みの1つとしまして、情報工学、 特に人工知能AIに着目し、 AIの最新動向や知識、大学や研究機関での研究開発成果、先進企業の取り組み等について情報を広く提供していくフォーラム「3回でつかむ『人工知能×ものづくり』」を10月より3回シリーズで開催しています。

第1回は人工知能学会の前会長で、日本のAI研究の第一人者である松原仁氏(はこだて未来大学)、ロボティクスの研究開発で活躍されている安藤健氏(パナソニック)をお呼びし、「現状・事例紹介」をテーマにお話しいただきました。

そして12月20日(水)には第2回を開催します。今回は「AIの仕組み・最先端の研究知見・日本の政策動向」がテーマです。機械学習の最新の研究とは?AIをビジネスに活用するには?政府のAI技術戦略とは?これらについて、業界の最前線でご活躍の鹿島久嗣氏(京都大学)、立花隆輝氏(日本IBM)、村本衛一氏(新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO))にお話いただきます。技術者・研究者はもちろん、学生の皆様も大歓迎です。

※第3回は来年1月30日(火)に「今後の可能性・方向性」をテーマに開催予定です。徐剛氏(三次元メディア)、原田研介氏(大阪大学)、岩崎正宏氏(パナソニック)をお呼びします。お申込みは、「E2M Square」会員様から12月11日より先行受付開始します。12月18日以降、一般受付開始予定です。是非この機会に、「E2M Square」にネットワーク登録(無料)をご検討ください。

[画像3: (リンク ») ]


第2回KRPフォーラム「3回でつかむ『人工知能×ものづくり』」
~最先端の機械学習研究と社会実装~

●プログラム
【講演1】「機械学習:経験から学習する人工知能」
京都大学 大学院 情報学研究科 知能情報学専攻 教授 鹿島久嗣 氏

【講演2】「IBM Watsonのアプローチと関連基礎研究」
日本アイ・ビー・エム株式会社 東京基礎研究所
コグニティブ・コンピューティング シニア・マネージャー 立花隆輝 氏

【講演3】「政府の人工知能への取組」
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) ロボット・AI部 主査 村本衛一 氏

※講演サマリー等の詳細は
【 (リンク ») 】をご覧ください。

●定 員:50名程度

●対 象:ものづくり企業・大学・研究機関・産業支援機関
※若手の技術者・研究者および大学生・大学院生の方々も大歓迎です。

●参加費:一般:有料 ¥3,000(当日受付にてお支払ください)
学生:無料(ただし、交流会に残られる場合は、有料 ¥1,000となります。当日受付にてお支払ください。)
※学生は聴講無料となります。当日受付にて学生証をご呈示ください。
※学生証のご呈示がない場合は、¥3,000のお支払になりますこと、ご了承願います。

●詳細・申込:【 (リンク ») 】

●主催・問合せ:京都リサーチパーク(株)産学公連携部「E2M Square」事務局
    担当:松浦・北村・長田|MAIL:e2-info@krp.co.jp|TEL:(075)315-8491

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。