岐阜聖徳学園大学が岐阜市柳津町高桑自治会との合同防災訓練を実施 -- 地域の現状を把握するため、住民らとの意見交換会も

岐阜聖徳学園大学 2017年12月08日

From Digital PR Platform




岐阜聖徳学園大学(岐阜市柳津町)は12月6日に、羽島キャンパスの所在する岐阜市柳津町高桑自治会との合同防災訓練を実施した。同大の体育館は岐阜市の指定避難場所となっており、当日は施設や備品の確認のほか、避難生活の精神的ストレスを回避するためのレクリエーションなどが行われた。




 今回の訓練は、災害時に避難場所として総合体育館を開放し、地域の住民の方が避難したケースを想定して行われた。
 当日は避難生活の精神的ストレスを回避するためのレクリエーション体験などを行い、地域住民をはじめ、岐阜市・岐南町職員、学生や教職員ら約50名が災害対応などへの理解を深めた。

 レクリエーションでは、カーリングを手軽に楽しめるよう開発されたスウェーデン発祥のスポーツである「ユニカール」や、日本レクリエーション協会が開発した「ラダーゲッター」を体験した。避難時にレクリエーションを行うことは、心のケアのほか、エコノミークラス症候群対策にもなるという。
 また、幅広い世代で楽しめる頭脳スポーツである、東南アジアのボードゲーム「マンカラ」も体験した。その後、地域住民との意見交換会を行い、地域の現状や住民からの要望を把握する場も設けた。

 同大学は、平成28年3月に岐阜市と包括連携協定を締結。同29年4月には岐阜県岐南町との包括的連携に関する協定を締結して、近隣地域と共に地域課題の解決に努めている。
 体育館は岐阜市の避難所に指定されており、収容規模は約600人。水や保存食のほか、簡易トイレ(2000回分)など防災用品を備蓄している。

▼本件に関する問い合わせ先
 岐阜聖徳学園大学 広報課 
 TEL: 058-279-6419(ダイヤルイン)
 E-mail: koho@shotoku.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]