「ユーザグラム」を活用したマーケティングオートメーションのシナリオPDCAメソッドを開発・提供

株式会社電通デジタル 2017年12月12日

From 共同通信PRワイヤー

2017年12月12日

株式会社電通デジタル
株式会社ビービット

電通デジタルとビービット、
「ユーザグラム」を活用したマーケティングオートメーションの
シナリオPDCAメソッドを開発・提供

株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、代表取締役CEO:榑谷 典洋)は、株式会社ビービット(本社:東京都千代田区、代表取締役:遠藤 直紀 以下、ビービット)と共同で、デジタル行動観察ツール「ユーザグラム」を活用することにより、マーケティングオートメーション(以下、MA)のシナリオをPDCAで支援するメソッドを開発し、本日よりサービス提供を開始します。

近年、顧客の興味関心に応じたOne to Oneコミュニケーションを実現するプラットフォームとしてMAを導入し、活用を進める企業が増加しています。また、MAが一般化することで、その土台となるコミュニケーションシナリオのプランニングや運用改善に悩みを抱え、精度を上げていくことへのニーズも高まりを見せています。
こうした状況を踏まえて、電通デジタルとビービットは、デジタル行動観察ツール「ユーザグラム」を活用することで、企業の顧客行動を分析し、MAのシナリオをPDCAで支援する独自のメソッドを開発し、サービスを提供することにしました。

本サービスでは、分析プラットフォームとして「ユーザグラム」を活用し、電通デジタルが各種MAのシナリオPDCA支援をトータルで実施します。これにより、顧客行動に基づいたコミュニケーションシナリオの構築、運用が実現し、顧客の事業成長およびデジタルマーケティングの進化に貢献していきます。

本サービスの提供は、電通デジタルが強みとする、電通グループ内のマーケティング手法を結集・高度化した"人"基点の統合フレームワーク「People Driven Marketing®」(ピープル・ドリブン・マーケティング)を活用した高度で精緻なプランニングと施策開発力に加えて、「ユーザグラム」の1人ひとりの顧客のデジタル行動を簡単に可視化するという強みを活かすことで、顧客行動分析によるシナリオ策定から配信運用まで一気通貫したPDCAの支援を実現しています。

両社は、2017年3月に業務提携をしており、今後もデジタルマーケティングにおける企業のユーザエクスペリエンス(UX)変革支援と新たなソリューション開発を推進します。

<ソリューション概要>
【画像: (リンク ») 】

<株式会社ビービットの会社概要>
会社名  :株式会社ビービット
本社所在地:東京都千代田区九段北4-2-1市ヶ谷東急ビル7階
代表者  :代表取締役 遠藤直紀
設立   :2000年3月
事業内容 :「顧客志向経営」「エクスペリエンスデザイン」「デジタルマーケティング」の領域で幅広いサービスとソリューションを提供するプロフェッショナルファームです。顧客インサイトを把握し良質な体験設計を可能とする方法論「ビービットUCD」や、デジタル行動を観察するツール「ユーザグラム」、また顧客志向経営を実現するフレームワーク「ビービットCEM」によって、国内外500社以上に価値を提供しています。
URL   : (リンク »)





関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。