Gitのコミットを戻す方法

株式会社Dive into Code 2017年12月22日

国内トップクラスのRuby、RailsスクールのDIVE INTO CODEが技術解説「Gitのコミットを戻す方法」を公開しました。

###

◆Gitのコミットを戻す方法

この記事では、git commit -m "sample"などでコミットした記事を取り消す操作について解説していきます。
gitのコマンドは便利なものが多いので一つ一つおさえていきましょう。

では早速、コミットの戻し方についてですが、大きく分けて2種類あります。
•git reset –soft (commit)
•git reset –hard (commit)

softはcommitをなかったことにしますが、エディタで編集した部分は 残ります 。
一方でhardはエディタで編集した部分ごと 全てなかったことになります 。
つまりhardは 破壊的 であると言えるでしょう。

ではここで、数回コミットしたgitの例を出してみます。

(コンソール)
~/workspace/achieve $ git log

commit 1b55f5b3ba2c8b98b5afbcd89d8de68ac2264515
Author: yujimiyashita <hogehoge@example.com>
Date: Tue Mar 28 11:43:11 2017 +0000

詳しくは下段で説明します。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Dive into Codeの関連情報

株式会社Dive into Code

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]