Neteeraが市場参入と経営陣を拡大

Neteera Technologies Ltd 2017年12月13日

From 共同通信PRワイヤー

Neteeraが市場参入と経営陣を拡大

AsiaNet 71502

エルサレム、2017年12月12日/PRニュースワイヤー/ --

Neteera Technologies Ltd. ( (リンク ») )は、Jason Rudd氏とIlya Vatsel氏が経営陣に加わることになり、その豊富な経験とノウハウがセンサー技術を専門に成長を続ける同社にもたらされることを発表しました。

Neteeraの営業・マーケティング担当バイスプレジデントに就任するJason Rudd氏は、モービルアイ(Mobileye、NYSE: MBLY)でOEM・ティア1販売担当シニアディレクターとして11年間働いていました。Rudd氏は20年以上産業・自動車業界のハイテク分野に携わってきた経験を持っています。Neteeraは、次世代のサブテラヘルツ波マイクロレーダー・システム・オン・チップ(SoC)と関連バイタルサインモニタリングシステムソフトウェアを完成しており、彼はその顧客基盤の拡大にも責任を持つ事になります。これらの製品はまず自動車・医療分野の垂直的市場に販売される予定です。

Neteeraのオペレーションズエンジニアリング担当バイスプレジデントに就任するIlya Vatsel氏は、これまで8年間モービルアイでオペレーション担当バイスプレジデントを務めていました。彼は、部品の革新的なプロダクトデザイン、エンジニアリング、オペレーションそして量産に18年以上関わってきました。今後は、オペレーション管理、新たに強化された部品の生産、エンジニアリングなどを担当します。

NeteeraのCEOであるIsaac Litman氏は、「独自の幅広いスキルと経験を備えた両氏を迎え、当社は市場を拡大しその市場ニーズを満たす能力の新たな一面を開拓します」と述べています。

Neteera は、様々な業界の多国籍企業との販売および共同事業を始めており、Rudd氏とVatsel氏は、同社のイスラエルおよび海外スタッフと共に働くことになります。

Neteeraについて:

Neteera Technologies Ltd. ( (リンク ») )は、独自のサブテラヘルツ波・テラヘルツ帯マイクロレーダー・システム・オン・チップ(SoC)とアルゴリズムを、医療・自動車・セキュリティ市場など幅広い業界での使用に向けて開発しています。同社の部品やプロプライエタリ・ソフトウェアにより、コスト効率の高い方法での幅広い距離にわたる高解像度検出が可能で、またマイクロレーダーは様々な物体の検出が可能です。同社は、心拍数、心拍変動、呼吸、パルス波速度などの主なバイタルサインの検出などの製品を手掛けていましたが、他の使用事例にも拡大することで、目に見えない物体やその他自由音場の要素の検出を可能にします。

Neteeraのソリューションは、「照準線(LOS)」を必要とせず、環境に左右されず、衣料のような材料の干渉を受けません。自動車シートやスマートファニチャーなどの構造物に組み込むことが可能です。サブテラヘルツ波・テラヘルツ放射は、本質的に安全で、指向性があり、非電離・非破壊の特徴を持ち、最大限広範なアプリケーションに適しています。

詳しくは、下記までお問い合わせください: pr@neteera.com  Rena Riger +972544540881


ソース: Neteera Technologies Ltd


(日本語リリース:クライアント提供)


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]