大京穴吹不動産「AI推定価格に関する意識調査」を実施 約8割が「AI推定価格を継続的に知りたい」と回答

株式会社大京 2017年12月13日

From Digital PR Platform


大京グループで不動産流通事業を手掛ける株式会社大京穴吹不動産(本社:東京都渋谷区、社長:海瀬和彦、以下「大京穴吹不動産」)は、分譲マンションオーナーに対して、「AI推定価格※に関する意識調査」を実施しましたので、調査結果をお知らせいたします。

 ※「AI推定価格」とは、地域特性や経済指標、最新の不動産市場情報を含む売買履歴情報や賃貸情報などをベースにしたビッグデータを、AIが日々学習し、既存マンションの現在の市場価格をリアルタイムに算出するもの。

本調査は、千代田区、中央区、文京区、港区、渋谷区、新宿区、目黒区、品川区、大田区、江東区の10区の分譲マンションオーナーに対し、「AI推定価格に関する意識」についてWEBによるアンケートを行い、回答をいただいたもので、大京穴吹不動産では初めての調査となります。

自らが所有するマンションの価格が「AI推定価格」によって迅速に知ることができるサービスについて、「AI推定価格を継続的に知りたい」と回答された方が79%と約8割に達し、本サービスに対するニーズが高いことが分かりました。

(リンク »)

また、今後AIが算出した「AI推定価格」をインターネットで公開するようなサービスが必要と思う理由として迅速かつ容易に価格を知りたいからとの声が72.9%あり、今後オーナーが売却活動をされる際の重要なサービスとして位置づけられる可能性が高いことが判明しました。

(リンク »)


■その他調査結果の主なポイント
・ 「AI推定価格」のサービスを知っていた方は24%
その内、実際に利用したことがある方は16%
・ 今後、「AI推定価格」のインターネット公開サービスが必要と回答した方は71%
・ 継続的に知りたいスパンは「毎月」が29%、「半年ごと」が47%と回答
・ 「AI推定価格」の専用サイトを定期的に利用したいと回答した方は69%

※詳細はリリースをご覧ください

大京グループは、2016 年10月に発表した中期経営計画「Make NEW VALUE 2021~不動産ソリューションによる新・価値創造~」において、新たな取り組みテーマの1つに「研究開発の推進」を掲げています。その一環としてAI およびICT の活用を進めており、今回の「AI推定価格に関する意識調査」の実施は、仲介業界で新たなサービスとしてお客さまに提供され始めた「AI推定価格」に関して、一般の不動産オーナーがどのような印象を持ち、今後にどう期待しているかを調査・確認することを目的としたものです。
大京穴吹不動産は、大京グループが管理する53万戸のマンションオーナーや、同社が所有する全国530万戸の分譲マンション・データベースを基にしたマンションオーナー向けに、今回の調査結果を踏まえ、「AI推定価格」の活用による所有マンションの資産価値の把握に繋がるサービスの提供を研究してまいります。



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]