大京アステージ・日本赤十字社 業界初!「健康生活支援講習」を活用し、「地域包括ケアシステム」の推進に貢献

株式会社大京 2017年12月13日

From Digital PR Platform


大京グループのマンション管理事業を手掛ける株式会社大京アステージ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山口 陽、以下「大京アステージ」)と日本赤十字社(本社:東京都港区、社長:近衞 忠煇、以下「日赤」)は、日赤が実施している「健康生活支援講習支援員養成講習」を活用し、「地域包括ケアシステム」の推進へ向けて協力していくこととなりましたので、お知らせいたします。

日赤は、高齢者の自立を目指した支援として、また「自助」「互助」の正しい理解を深める機会として、「健康生活支援講習」を実施しており、国が提言する「地域包括ケアシステム」へ貢献しています。大京グループにおいても、管理受託物件における建物の高経年化と同時に「居住者の高齢化」が進んでいることから、マンション内での「自助」「互助」を高めていく必要性を感じており、このたびの取り組みに至りました。
なお、マンション管理会社の社員が「健康生活支援講習支援員養成講習」を団体で受講し、「健康生活支援講習支援員」として認定されるのは、全国で初めての取り組みとなります。

<取り組みのPOINT>
(1)日赤が実施する「健康生活支援講習支援員養成講習」を大京アステージの社員が受講し、「健康生活支援講習支援員」の認定を受ける。
(2)大京アステージと日赤が協力し、全国で42万戸を超える大京アステージの管理受託物件を中心に、自助・互助の輪を広げ、「地域包括ケアシステム」の推進に貢献する。
(3)習得した健康生活や介護に関する知識等を生かして、大京アステージがマンション居住者の日常生活をサポートすることに加え、サービス品質の向上および「新商品・新サービスの開発・提供」も目指す。

(リンク »)



(リンク »)


今後は、大京アステージと日赤が協力することにより、「健康生活支援講習」を活用した「地域包括ケアシステム」の推進に貢献するのはもちろんのこと、大京アステージにおいては、習得した知識等を生かした「管理サービスの質の向上」や「新商品・新サービスの開発・提供」を目指してまいります。

※詳細はリリースをご覧ください

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]