アリスグローバルがSankeshAbbhiを社長兼CEOに任命

アリスグローバル 2017年12月14日

From 共同通信PRワイヤー

アリスグローバルがSankeshAbbhiを社長兼CEOに任命

AsiaNet 71508

マイアミ(米国)、2017年12月14日/PRニュースワイヤー/ --
リーダーの交代がLifeSphereコグニティブ・コンピューティング・プラットフォームに注力する同社の姿勢を加速

ライフサイエンス業界向け統合型クラウドベースソフトウェアソリューションのリーディングプロバイダーであるアリスグローバルは本日、Sankesh Abbhi( (リンク ») )を同社の社長兼最高経営責任者に任命したことを発表しました。Sankeshは同社の創立者で30年近く社長兼CEOを務めたDeepak Abbhi( (リンク ») )の後を継ぐことになり、Deepakはアリスグローバルの取締役会長となります。

     (ロゴ: (リンク ») )

Sankesh Abbhiはライフサイエンス業界において十分に経験のあるエグゼクティブで、2017年初めからアリスグローバルのマネージングディレクターを務め、組織の全体的な目標を管理し指揮してきました。2006年にライフサイエンス業界向けナレッジプロセスアウトソーシング会社であるSynowledgeを設立、運営し、とりわけアリスグローバルの多くの主要な安全性の顧客のファーマコビジランス業務に対応していました。Synowledgeは従業員1000人にまで急成長し、2015年9月にはBioclinicaが買収、Sankeshはアリスグローバルに加わるまでの1年以上の間、同社でシニアバイスプレジデントとGlobal Safety and Regulatory Solutionの責任者を務めました。

アリスグローバルの取締役会長のDeepak Abbhiは次のように述べています。「Sankeshは戦略、運営及び業務上において見事な業績を達成しました。この数年間Sankeshは、アリスグローバルの事業について顧客の視点から独自の見識を得るとともに、安全性、規制関連業務、臨床開発、メディカルアフェアーズなどの専門領域において貴重で包括的な経験を得ました。アリスグローバルをリードし、お客様が世界中の患者と消費者に健康を届けられるようにするためには、ライフサイエンス業界におけるテクノロジーと実務経験を併せ持つSankeshは正に適任です。」

アリスグローバルの企業ビジョンはLifeSphere(TM)クラウドプラットフォームに反映されています。LifeSphere(TM)クラウドプラットフォームは、完全なコグニティブ・コンピューティング・テクノロジー・ソリューションを備え、製品ライフサイクル全般において効率を高め、コンプライアンスを維持します。初めてグローバルな規制遵守を中心に据えたLifeSphereは、自動化や人工知能を利用して製品ライフサイクルの主要機能のすべてを一変しようとしていて、これには臨床業務、臨床データ管理、ファーマコビジランス、ベネフィット・リスク評価、シグナル検出、規制関連業務、メディカルコミュニケーションが含まれます。IDC( (リンク ») )によれば、コグニティブ/AIソリューションの市場は2016-2020年に約55%の複合年間成長率(CAGR)が予測されています。

アリスグローバルの社長兼CEOのSankesh Abbhiは次のように述べています。「この新しい任務と、アリスグローバルのコグニティブ・コンピューティングのビジョンをさらに前進させる機会を得たことを大変嬉しく思います。当社は革新、卓越した製品力及び顧客の成功に向けて尽力しています。アリスグローバルは、自動化ソリューションを組み込むトップソリューションの開発に重点を置き、製品ライフサイクルを促進、強化し、より的確な意思決定を促し、コンプライアンスを向上し、業務効率を改善します。」

アリスグローバルについて
アリスグローバルは明確なビジョンをもったテクノロジー企業であり、大手のライフサイエンス企業が画期的新薬を開発し、新製品を販売する際の方法を一新しようとしています。ArisGlobal LifeSphere(TM)のコグニティブ・テクノロジー・プラットフォームには、製品ライフサイクルのコア機能を自動化するために機械学習機能が組み込まれています。当社のコグニティブ・プラットフォームは、深い専門知識と30年以上にわたる長期的な視点をふまえてデザインされており、実用的なアイデアを提供し、効率化を促進し、コンプライアンスを保証し、またマルチテナントによってTCOを削減させます。

アリスグローバルは米国に本社があり、欧州、インド、日本にも拠点があります。詳しくは、arisglobal.comをご参照ください。またはLinkedIn
( (リンク ») )、Twitter
( (リンク ») )でアリスグローバルのフォローをお願いいたします。

ソース: アリスグローバル


(日本語リリース:クライアント提供)


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。