安来節・どじょうすくい女踊りが連続テレビ小説「わろてんか」に登場します

安来市 2017年12月15日

From 共同通信PRワイヤー

2017/12/15

島根県安来市

撮影にあたっては安来市から資料を提供し、また、踊りの指導やエキストラ出演には安来節保存会も協力しています。

 現在、放送中の連続テレビ小説「わろてんか」の舞台は明治後期から昭和初期の大阪。ヒロイン・藤岡てんが夫婦で寄席経営を始め、ついには日本で初めて“笑い”をビジネスにした女性と言われるまでになる物語です。
 一方、安来節は、大正後期から昭和初期にかけて大阪や東京などで一大ブームを巻き起こし、専門館が営業するまでになります。このような背景から、今回ドラマに登場することになりました。

【安来節の登場する放送】
・安来節の登場週:第13週・14週(12/25~12/28、1/4~1/6)予定
【市の取り組み】
・安来節演芸館(安来節の常設館)で公演する安来節の演目の中に女踊りを組み入れます。通常は、ほとんど上演しない演目になります。
・公共施設に懸垂幕やポスターを設置してPR
・撮影中のスタジオに表敬訪問
・広報やすぎで紹介(12月20日発行予定)
【その他】
・当市でのロケは行われていません。
・ドラマの内容や番組広報写真については、NHK大阪放送局のドラマ広報担当を紹介します。
【関連HP】
TOPページの新着情報に掲載
(リンク »)



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]