LAオートショーの国際デザインコンペでSystematicaとZGF Architectsの未来像に栄冠

ロサンゼルス・オートショー(Los Angeles Auto Show(R)) 2017年12月18日

From 共同通信PRワイヤー

LAオートショーの国際デザインコンペでSystematicaとZGF Architectsの未来像に栄冠

AsiaNet 71580 (2071)

【ロサンゼルス2017年12月16日PR Newswire=共同通信JBN】ロサンゼルス・オートショー(LA Auto Show(R))( (リンク ») )とオートモビリティーLA(AutoMobility LA(TM))( (リンク ») )の開催者は16日、マイクロソフト提供の2017年デザイン&デベロッパー・チャレンジ(Design & Developer Challenge)で、Systematica( (リンク ») )のコネクテッド・スマート輸送ネットワーク・コンセプトが「Industry Pick(業界賞)」、ZGF Architects( (リンク ») )のレベル8自動運転、形を変える車両、磁気浮揚レーンの輸送計画が「People’s Pick(一般賞)」のそれぞれ優勝者に選ばれたと発表した。

デザイン&デベロッパー・チャレンジは今年初め、ロサンゼルス市が2060年の主要国際スポーツイベント開催に名乗りを上げるという前提で「よりスマート」なモビリティープランの作成を参加企業に求めて開始された。専門家は、先進的な人工知能(AI)、仮想現実(VR)、クラウドコンピューティング、eモビリティー、垂直輸送などで可能になる未来都市、モビリティーソリューション、人間体験を概念化した。世界の11チームが「Industry Pick」「People's Pick」「Judges' Pick(審査員賞)」の栄えある3つの賞を目指してモビリティープランを提出した。

11チームは以下の通り(コンセプト全容は (リンク ») を参照)。

*BYTON Design
*Cunningham Concept Design
*GK Design International Inc.
*ハーマンミラー
*Honda Advanced DesignおよびTrigger
*Launch Forth、アリアンツ、Ottobock、レッドブルおよび国際パラリンピック委員会(IPC)
*oiio
*Qoros Design
*Systematica
*URB-E
*ZGF Architects

デザイナー、自動車メーカー、ジャーナリスト、その他の業界専門家が (リンク ») で好みのコンセプトに投票し、2017年「Industry Pick」の優勝者にSystematicaを選出した。このミラノを本拠とする輸送計画モビリティーエンジニアリング・コンサルタント会社のチームは、アナヒータ・レザーラ、フェデリコ・メッサ、フィリッポ・バゾーニ、ラワド・チョウバシの各氏で構成され、彼らの計画は全面的な分散化と水平・垂直輸送の効率的なハイパーコネクテッド・ネットワークによって、国際イベント期間中の運転者、同乗者、歩行者のモビリティーを容易にする。SystematicaのLA 2060ウェブサイト( (リンク ») )は、ロサンゼルスについてオンデマンド・オートドローンフリートを利用する自動運転の大量公共輸送機関のシームレスな高速ネットワークによって、住民とビジターの便宜を図るスマート・グローバルシティーとして描いている。

LAオートショーの参加者と世界中のファンには、 (リンク ») で好みのコンセプトに投票するチャンスが与えられた。国際的な建築、設計、計画企業のZGF Architectsが磁気浮揚レーン、レベル8の自動運転車両、変形構造を活用する多層階輸送システムで最多得票し「People's Pick」賞を獲得した。そのモビリティープランは、ベゼレル・ホー、ブリタニー・マザー、ジョナサン・シャープ、ケルシー・ルー、リウ・コーケット、マリサ・ケケイセン、オスカー・ラモス、サラ・ウィンターズ、スージン・パク各氏のZGFロサンゼルスチームが考案した。彼らのLA 2060ウェブサイト( (リンク ») )は、新しい車両、空想的スポーツ、LAコロシアムなどスマート会場の詳細を提供している。

マイクロソフトのAzure IoT製品マーケティング担当ディレクターであるマーク・ペンダーグラスト氏は「SystematicaとZGF Architectsの優勝コンセプトにお祝いを申し上げる。彼らのデザインは革新的思考の具現化であり、最先端技術が都市のモビリティーに及ぼす好影響を明確に示している」と語った。

「Industry Pick」「People's Pick」両賞の投票に先立ち、Honda Advanced Design( (リンク ») )とTrigger( (リンク ») )が「Judges' Pick」賞を獲得した。彼らの銀河系間コンセプトは新しい大量および個人輸送、家庭や会場におけるスポーツファンの仮想現実(VR)および拡張現実(AR)体験、身体障害者向けモビリティーソリューション、地上・空中・海上のスポーツイベントを含んでいる。ArtCenter College of Design、Autodesk、ロサンゼルス市交通局、マテルのホットウィール、IDEO、Microsoft NEXT、Under Armour(アンダーアーマー)のデザイン、イノベーション、輸送、ユーザー体験の専門家委員会は、11月29日のオートモビリティーLAにおける印象的なプレゼンテーションを受け、Honda Advanced DesignとTriggerを2017年の「Judges' Pick」賞受賞者に選定した。

十数年にわたり自動車デザイン・イノベーションの中心地で開催されてきたデザイン&デベロッパー・チャレンジは、自動車デザインコミュニティーとエンターテインメント、技術、建築、都市計画など多分野のクリエーターを融合する世界唯一の年次コンペである。

2017年デザイン&デベロッパー・チャレンジは、マイクロソフト( (リンク ») )が提供、Autodesk( (リンク ») )、Lacks Enterprises( (リンク ») )が後援し、ロサンゼルス市交通局( (リンク ») )が公式パートナーを務めた。

デザイン&デベロッパー・チャレンジに関する詳細は (リンク ») を参照。

オートモビリティーLAとLAオートショーに関する詳細は (リンク ») および (リンク ») を参照。

▽ロサンゼルス・オートショー(Los Angeles Auto Show)およびオートモビリティーLA(AutoMobility LA)について
1907年創設のロサンゼルス・オートショー(Los Angeles Auto Show、LA Auto Show(R))は、毎シーズン最初に開催される主要な北米自動車ショーである。2016年LAオートショーのプレス&トレード・デー(Press & Trade Days)はコネクテッドカー・エキスポ(CCE)と統合され、オートモビリティーLA(AutoMobility LA(TM))となって登場した。オートモビリティーLAはテクノロジー業界と自動車業界を統合し、新製品と新技術を発表し、交通とモビリティーの将来を取り巻く喫緊の問題を討議する業界初のトレードショーである。2018年のオートモビリティーLAは11月26-29日にLos Angeles Convention Centerで開催され、併せてメーカーの新車も披露される。2018年LAオートショーは11月30日-12月9日に一般公開される。オートモビリティーLAは、新興自動車企業がビジネスを行い、画期的な新製品を公開し、世界中から集まるメディアと業界の専門家の前で新戦略を発表する場でもある。LAオートショーはロサンゼルス大都市圏(Greater L.A.)New Car Dealer Associationの後援を得て、ANSA Productionsが運営する。最新のショー関連ニュースや情報はLAオートショーのTwitter(www.twitter.com/LAAutoShow )、Facebook(www.facebook.com/LAAutoShow )またはInstagram( (リンク ») )をフォローし、アラート( (リンク ») )に登録を。オートモビリティーLAの詳細は (リンク ») を参照。

▽報道関係問い合わせ先
Brian Alexander/Amanda Niklowitz
JMPR Public Relations, Inc.
+1-(818)992-4353
balexander@jmprpublicrelations.com
aniklowitz@jmprpublicrelations.com

Logo - (リンク »)

ソース:Los Angeles Auto Show

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]