「キリンビール大学」レポート 2016年世界主要国のビール消費量 

キリン株式会社 2017年12月21日

From Digital PR Platform


キリン株式会社(社長 磯崎功典)では、インターネット上の仮想大学「キリンビール大学」(リンク ») )を運営しています" target="_blank"> (リンク ») )を運営しています。これは、ビールの楽しさ・奥深さをお客様にお伝えするために2001年7月に開講したもので、おいしいビールの飲み方から、ビールに関する興味深いうんちくまで、さまざまな学部・施設があり、24時間365日通学できます。

今回は、世界各国のビール協会などに対して独自に実施したアンケート調査と最新の海外資料に基づき計170の世界主要国および各地域において、2016年のビール消費量をまとめました。この調査は1975年分から統計を開始しています。

トピックス
■世界の総消費量は、約1億8,689万kl(前年比0.6%減)で、前年に続きマイナス。東京ドームをジョッキに見立てると、約151杯分に相当。
■国別では、中国(前年比3.4%減)が14年連続で1位となったものの大幅減。この影響で、世界の総消費量もマイナス着地。6位のメキシコ(前年比8.4%増)は前年に引き続き増加。2位のアメリカは、2年ぶりにプラスに転じた。
■地域別では、アジア(前年比1.6%減)の構成比が33.9%となり、9年連続で1位。アフリカ(前年比2.6%増)は、6年連続で増加。

2016年の世界のビール総消費量は、前年より約116万kl(大びん633ml換算で約18億本)減り、約1億8,689万kl(前年比0.6%減、大びん換算で約2,952億本)となりました。東京ドームをジョッキに見立てると、約151杯分(東京ドーム1杯は約124万kl)に相当します。

1.国別ビール消費量(表1)
・中国(前年比3.4%減)が2003年から14 年連続で1位となりました。
・増加率では、上位25カ国のうちインド(前年比9.9%増)が最も大きくなりました。
・日本(前年比2.4%減)は10年連続で7位となりました。

2.地域別ビール消費量(表2)
・地域別では、アジア、ヨーロッパ、中南米・中東が減少しましたが、その他の地域は増加と
なりました。
・9年連続トップのアジア(前年比1.6%減)は、インド(前年比9.9%増)、ベトナム(前年比7.4%増)、韓国(前年比1.0%増)が増加しましたが、中国(前年比3.4%減)の影響で減少しました。
・アフリカ(前年比2.6%増)は6年連続で増加しています。

3.国別一人当たりビール消費量(表3)
・チェコ共和国が24年連続で1位となりました。
・上位35カ国のうち、前年より消費量の伸びた国は17カ国でした。
・日本は41.4L、大びん換算で約65.4本(前年比1.4本減)という結果でした。

注:日本の消費量については、ビール、発泡酒、新ジャンルの合計
 四捨五入のため、数値が必ずしも一致しない場合がある
  前年実績が今年の調査で変更になった国については、変更した数値で前年比を算出している
  ※前年の世界総消費量も最新の値に変更している(1億8,378万kl⇒1億8,805万klへ変更)
出典:各国ビール協会などへのアンケート調査 (当社が実施したもの)
The Barth Report Hops 2016/2017 (BARTH−HAAS GROUP)
GlobalBeverageForecastsSeptember2017 (Canadean Ltd.)
※2013年度以降、調査データ会社を変更したため、過去レポートと数値が合致しないこともある

【詳細情報】
(表1) 2016年 国別ビール消費量
(リンク »)

【解説】
・世界の総消費量は、約1億8,689万kl。前年比0.6%減となり、前年に続きマイナスとなった。
・中国(前年比3.4%減)は、2003年から14年連続で1位となったが、市場の成熟や中国ほぼ全域での夏場の天候不順、中高級レストランでのビール消費低下などの影響で3年連続のマイナスとなった。一方で、若者のお酒への関心の高まりや、インターネットでのお酒の販売が普及したことで、ビールの飲用率自体は増加している。
・アメリカ(前年比0.6%増)は、輸入ビールの販売量が大きく伸長。15年に続き、個性的な味わいや独自性を好む若年層を中心に、プレミアムビールやクラフトビールの人気が高まっている。特に、アメリカではビール類におけるクラフトビールの販売構成比が12%となるなど、好調に推移。
・イギリス(前年比0.9%減)は、政治・社会的な影響を受けた市場環境により微減。
・ロシア(前年比1.8%減)は、広告の禁止や増税の影響により、前年に続きマイナス。
・日本(前年比2.4%減)は、10年連続で順位に変動は無いものの、最需要期である夏場の天候不順などの影響によりマイナス。
・フィリピン(前年比6.0%増)は、2016年5月に行われた統一選挙に伴う消費拡大や、経済の成長、失業率の低下がビール消費量の拡大を後押しした。
・ミャンマー(前年比8.3%増)は海外ビールメーカーの進出や国民の購買力向上に伴い、アルコール飲料の販売が経年的に増加している。

(表2) 2016年 地域別ビール消費量

(リンク »)
※日本の消費量については、ビール・発泡酒・新ジャンルの合計

(リンク »)

【解説】
・地域別では、アジア(前年比1.6%減)の構成比が33.9%(前年34.2%)と、9年連続で1位。
・1位のアジアは、前年に引き続きインド(前年比9.9%増)、ベトナム(前年比7.4%増)、韓国(前年比1.0%増)などがけん引したものの、中国(前年比3.4%減)が影響し、3年連続の減少となった。
・3位の中南米(前年比1.6%減)は、メキシコ(前年比8.4%増)やコロンビア(前年比3.0%増)などがけん引したものの、ブラジル(前年比2.7%減)が影響し、減少となった。

(表3)2016年 国別一人当たりビール消費量

(リンク »)

【解説】
・チェコ共和国は24年連続で1位となった。
・上位35カ国では、消費が伸びた国は17カ国。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。