2017年度 ソニー教育助成論文 入選校・入選園発表

公益財団法人 ソニー教育財団 2017年12月21日

From Digital PR Platform


公益財団法人 ソニー教育財団(会長:盛田昌夫)は、全国の小学校・中学校、幼稚園・保育所・認定こども園から教育実践論文を募集し、特に優れた取り組みに、教育助成金とソニー製品を贈呈しています。今年度、全国の小・中学校より180件、幼稚園・保育所・認定こども園より126件、合計306件の論文応募があり、書類審査、現地調査および厳正なる最終審査を経て、下記の通り入選校・入選園が決定いたしました。

2018年1月20日(土)、ソニー株式会社本社にて、贈呈式を開催いたします。受賞された先生および保護者代表のみなさまには、ソニー教育財団会長 盛田昌夫より、賞状と目録を直接お渡しいたします。贈呈式では、文部科学省をはじめとするご来賓のみなさまをお迎えし、入選校・入選園の先生方による研究発表も行います。

ソニー創業者の井深大は1959年、日本の発展には子どもたちの科学教育こそ重要だと考え、教育助成活動を始めました。ソニーは50年以上もの間、よりよい教育の実践に熱意をもって取り組む全国の先生方を支援し続けています。ソニー教育財団はこれからも、教育・保育現場の先生方と共に、子どもたちの「科学する心」を育んでまいります。

========================
 2017 年度 ソニー教育助成論文 入選発表
========================
■■ソニー子ども科学教育プログラム(小学校・中学校対象)■■
テーマ:「科学が好きな子どもを育てる」教育実践と計画、審査委員長:御手洗康 元文部科学事務次官
最優秀校(2 校):教育助成金300 万円とソニー製品(※)

(リンク »)

●西尾市立西尾小学校(愛知県)
●刈谷市立刈谷南中学校(愛知県)

・優秀校(11 校):教育助成金50 万円とソニー製品(※)
・奨励校(81 校):教育助成金10 万円とソニー製デジタルスチルカメラ

========================
■■ソニー幼児教育支援プログラム (幼稚園・保育所・認定こども園対象)■■
テーマ:「科学する心を育てる」幼児教育実践と方向性 審査委員長:小泉英明 (株)日立製作所 名誉フェロー
最優秀園(2 園):教育助成金100 万円とソニー製品(※)

(リンク »)

●岡崎市豊富保育園(愛知県)
●富田林市立新堂幼稚園(大阪府)

・審査委員特別賞(1園):教育助成金20 万円とソニー製品(※)
・優秀園(11 園):教育助成金20 万円とソニー製品(※)
・奨励園(61 園):教育助成金5 万円とソニー製CD ラジカセ
========================
※ソニー製品は、「4K液晶テレビ」、「データプロジェクター」、「4Kビデオカメラ」、「デジタルスチルカメラ(6台)」「アクションカム(2台)」「KOOV(2台)」「MESH(7タグを3セット)」から1つをお選びいただきます。
また、ご応募いただいたすべての学校・園に「デジタルスチルカメラ」1台を贈呈しています。

優秀、奨励の校名・園名は、「入選校・入選園一覧」またはホームページをご覧ください。最優秀校・園の論文もお読みいただけます。
ソニー教育財団ホームページ「教育助成」 : (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]