SolarWorldがモルディブのエライドゥ島に太陽光発電モジュール供給

SolarWorld Industries GmbH 2017年12月25日

From 共同通信PRワイヤー

SolarWorldがモルディブのエライドゥ島に太陽光発電モジュール供給

AsiaNet 71649 (2099)

【ボン(ドイツ)2017年12月22日PR Newswire=共同通信JBN】SolarWorldは、モルディブのエライドゥ島にあるハイブリッド発電所向けに発電容量150 kWp (キロワットピーク)の太陽光発電モジュールを供給する。Ellaidhoo Maldives Hotel(エライドゥ・モルディブ・ホテル)のゲストは今後、クリーンな太陽光発電を供給され、その結果、ユニークな自然のままの環礁が保存される。このホテルリゾートは、Green Globeの認証を与えられる。

SolarWorldが供給する高品質の単結晶ソーラーソリューションは同島を訪れる観光客に、不快な騒音や汚染がない状態を提供すること可能にする。島の大きさがわずか6万平方メートルとスペースが狭いこと、海に近接していることは、高効率、耐久性のあるソーラーモジュールが必要であることを意味している。そのような理由から、契約はSolarWorldのパートナーであるAlpha Solar Energy Systems(SolarTherm)に発注された。SolarWorldは、産業的に成熟度の高い高効率のソーラーセルを目指す、いわゆる「PERCテクノロジー」を初めて開発した企業であり、そのソーラーモジュールは長寿命、高品質で良く知られている。

SolarWorld Industries GmbHのマネジングディレクターであるフランク・アスベック工学博士は「モルディブでは、気候変動が日常的に明白な現実となってきた。ここでは楽園が危機に瀕している。そのため地域のエネルギー供給が、化石燃料から太陽光発電に移行することが一段と重要になっている。しかし、われわれは同様の手段が世界的に行われて初めて、このような楽園を救うことができる。SolarWorldの太陽光発電システムは、この挑戦を受けて立つ用意がある。持続可能な生産源を基に、信頼性が高く高性能かつ、ドイツ製のもので」と語った。

SolarWorldの生産拠点は今年、南アジア地域で総計75MWのソーラーモジュールを供給し、観光、産業、住宅向けにクリーンな電力を提供した。

写真および詳しい情報は (リンク ») を参照。

▽問い合わせ先
SolarWorld Industries GmbH
Martin-Luther-King-Str. 24
53175 Bonn, Germany
Tel.: +49(0)3731/301-4624
press@solarworld.de
(リンク »)

ソース:SolarWorld Industries GmbH

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。