「auピタットキャラバン スペシャルX’masステージ」に小林さんと梅沢さんがサプライズ登場!

KDDI株式会社 2017年12月23日

From 共同通信PRワイヤー

小林幸子さんと梅沢富美男さんが渋谷にサプライズ登場!
「愛の歌」を生歌初披露でクリスマスプレゼント!
~「auピタットキャラバン スペシャルX’masステージ」~
■場所:SHIBUYA109  イベントスクエア
■日時:12月23日(土) 13:00~
■ゲスト:小林幸子さん、梅沢富美男さん

 KDDIは、12月23日にSHIBUYA109イベントスクエアにて、「auピタットキャラバン スペシャルX’masステージ」を開催しました。サプライズで登場した小林幸子さん、梅沢富美男さんが渋谷の街ゆく人たちへのクリスマスプレゼントとして、 auの三太郎シリーズでおなじみの「auピタットプラン」のCM楽曲「愛の歌」を生歌で初披露しました 。
 この「auピタットキャラバン」は、auのおトクな料金プラン「au ピタットプラン」のご紹介として、名古屋・大阪でも開催し、料金診断をしてゲームに参加すると三太郎グッズがもらえる抽選会や、三太郎CMでおなじみの「大きな桃オブジェフォトスポット」も登場するなど、好評を博したイベントで多くの方々が参加されました。

 そんな中、小林幸子さん、梅沢富美男さんがサプライズでステージに登場。会場の人々からは大きな歓声が。今回、初めてデュエットを組んだお二人にその感想を聞くと、「大好きな三太郎シリーズのオファーを貰ってビックリしました。お姫様役かと思ったら、違ってアレ?って思ったんですけど。」と笑い飛ばした小林さん。「でもCMソングを梅沢さんとデュエットと聞いて二度ビックリ。梅沢さんとご一緒できて嬉しかった~」と語りました。梅沢さんも「やっとCMの話が来たかと思ったら、歌のオファーで”画面に出せよ!”って思っちゃったよ。でも、歌謡界のトップの小林さんとデュエット出来てよかった。前世で付き合っていたんじゃないかっていうぐらい、”ピタット”きてたと思いますよ」と答え、お二人の息の合った様子が伺えました。
 さらに「愛の歌」にちなんで、お二人が特に愛を注いでいる事柄についてフリップに書いてもらうと、小林さんは「衣装愛」と回答。インターネット上で、“ラスボス”という異名が付けられたきっかけにもなった衣装について、小林さんは「私にとっては無くてはならないもので、戦う時の鎧みたいなものですね!」と、衣装への情熱的な“愛”を語りました。一方、「娘愛」と回答した梅沢さんは、「朝の7:30に起こされて、いきなり長女に婚約したいと言われた。最初は反対だったが、下の娘が”お父さんは父親にしたくないランキング1位なんだから、こんなチャンスないよ”と説得されて、今は婚約を認めたよ。」と、実の娘さんから婚約を告げられた時のエピソードを披露。
 また、この日の翌日がクリスマスイヴということもあり、「クリスマス愛」について尋ねられると、梅沢さんは「奥さんの会社に独身者が多かったから、独身者だけのボランティアクリスマスパーティーを毎年やってたんですよ。でも、あまりに盛り上がり過ぎて、誰もピタットしないから(逆効果で)止めちゃったよ」と、クリスマスエピソードも披露し、会場を沸かせました。
ライブパートでは、「渋谷の109前で歌うなんて初めてだよ!」と興奮気味の梅沢さんと、「レコーディング以来、初めて2人で生歌披露で楽しみ!」と小林さんが、曲前に意気込みを語りました。どこか昭和を思わせるイントロが流れると、「ピタッときちゃった ふたりの愛の歌」と、息をそろえて「愛の歌」を披露する二人。時々二人で見つめ合いながら披露される息の合った掛け合いに、会場も大いに盛り上がりました。
 またauのおトクな料金プラン「auピタットプラン」について説明されると「今、まだガラケーなんだけど、スマホって基本料金とか高そうなイメージ。でも、これだったら安いし、すぐにauスマホに変えようかな!」と、想像以上のおトクさに梅沢さんは驚きを隠せない様子でした。
 最後は、「”愛の歌”で素敵な冬を過ごしてください!」と会場にいる皆さんに笑顔で話した小林さん。梅沢さんも「カラオケにもなっている”愛の歌”を歌ったら絶対”ピタット”として一線超えられる!俺もauのスマホに変えてピタットするぞ!」と会場に手を振り、みなさんの声援に応え、大歓声の中「auピタットキャラバン スペシャルX’masステージ」は幕を閉じました。

【画像: (リンク ») 】

【画像: (リンク ») 】

【画像: (リンク ») 】

「愛の歌」 楽曲について
 「愛の歌」は、2017年11月1日(木)から放送されました三太郎CMシリーズ「愛の歌」篇にて、新たなCM楽曲として小林幸子さんと梅沢富美男さんに歌っていただきました。お二人での初のデュエットソングとなった今回の楽曲でしたが、初めてとは思えないほど息のピタッと合った掛け合いとなっております。
 少しすれ違っているようにも見えるけど、どこかピタッときている、そんな長い年月を一緒に過ごす夫婦の形を歌っております。

タイトル:「愛の歌」 フルver. /小林幸子&梅沢富美男
【 歌詞 】
愛はいつの間にか
ピタッときている
 
ピタッときちゃった
ふたりの愛の歌
 
ピタッピタッときたの
ピタッピタッときたさ
ピタッピタッときたの(いいの)
ピタッピタッときたさ(いいさ)
 
目玉焼きには
醤油が合うわ
 
目玉焼きには
ソースがうまい
 
鍋の締めはうどん
俺はおじや
 
ピタッとこない
ふたりの食の歌

お風呂は
髪から洗うわよ
 
お風呂は
まずは湯船に浸かる 

寝起きに歯を磨く
俺は食後に

ピタッとこない
二人の癖の歌

出会った時から
ピタッときたの
 
出会う前から
ピタッときたさ

愛はいつの間にか
ピタッときている
 
ピタッときちゃった
ふたりの愛の歌
 
ピタッときちゃった
ふたりの愛の歌
 
ピタッピタッときたの
ピタッピタッときたさ
ピタッピタッときたの(いいの)
ピタッピタッときたさ(いいさ)



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]