【花粉症調査2018】花粉症は世代が上がると軽くなるかも!?

ロート製薬株式会社 2018年01月04日

From 共同通信PRワイヤー

2017/12/25

ロート製薬株式会社

花粉症に関するアンケート結果発表
■花粉症は、世代が上がると軽くなるかも!?
花粉症の症状は、世代が高いほど「軽症」、低いほど「重症」が増加

1)大人の花粉症は、世代が高いほど「軽症」が増加。「重症」の人ほど発症年齢が早い傾向。
花粉症を実感している大人500人に花粉症の症状の程度をたずねたところ、世代が上がるほど「軽症」と答えた割合が高くなりました。特に20代の「軽症」30.1%「中等症」49.3%「重症・最重症」16.4%に対して、60代以上では「軽症」61.1%「中等症」31.9%「重症・最重症」6.9%という結果でした。
 さらに花粉症の症状が「年齢を重ねるにつれて楽になってきたと感じる」と回答した人は、全体19.6%に対して60代以上では26.4%となりました。また花粉症を発症した平均年齢は「軽症」36.28才「中等症」26.34才 「重症・最重症」21.90才となり、「重症・最重症」の人ほど早くから発症していることが分かりました。
専門医の見解によると、世代が高いほど花粉症が軽症化する背景として、“免疫系の衰え”“環境の変化”“食生活の変化”などが関係していることが考えられます。

2)花粉症の子どもの親は85.2%が花粉症。1割の子どもは、両親ともに発症がなくても花粉症。
花粉症を実感している子どもの母親500人に聞いた調査では、85.2%が「自分か夫が花粉症」もしくは「両方ともに花粉症」と答えました。一方で「妻も夫も花粉症ではない」と答えた人は11.2%で、約1割の子どもは、親が花粉症でなくても花粉症を発症していることが分かりました。
 子どもの花粉症は他人からは分かりづらく、特に親が花粉症でない場合、気づくのが遅れてしまいがちです。集中力の低下など生活への影響が懸念されるため、早めからの発症予防や対策が重要です。

3)花粉症と副鼻腔炎※)の併発は、子ども56.4%、大人45.0%。
花粉症の症状が出ているとき、「副鼻腔炎」の症状があった子どもは56.4%。大人では45.0%という結果となりました。また、大人の調査において、花粉症の程度別にみると、花粉症が「軽症」の人では「副鼻腔炎」は39.4%、花粉症が「重症・最重症」の人では「副鼻腔炎」は56.6%となり、花粉症が重いほど「副鼻腔炎」を併発している割合が高いことが分かりました。
 副鼻腔炎は慢性化すると治りづらく、また花粉症とは薬も異なるため、早めの診断と対策が重要となります。

※)「副鼻腔炎」とは?
鼻の奥にある副鼻腔の炎症が広がった状態。鼻づまりや息苦しさ、ネバネバ(粘性)鼻汁、頭重などの症状を引き起こす。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]