アイルランドは理想のロケ地、「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」の撮影でライアン・ジョンソンが証言

Tourism Ireland 2017年12月27日

From 共同通信PRワイヤー

アイルランドは理想のロケ地、「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」の撮影でライアン・ジョンソンが証言

AsiaNet 71645

ダブリン(アイルランド)2017年12月27日PR Newswire

大ヒットシリーズの最新作「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」(Star Wars: The Last Jedi)の撮影が行われたオクトー(Ahch-To)のロケ地、アイルランド、ワイルド・アトランティック・ウェイ(Wild Atlantic Way)のダイナミックな海岸風景が、映画の公開以来観客を圧倒しています。

マルチメディア・ニュースリリースをご覧になるには、こちらをクリックしてください: (リンク »)

本日リリースされた最新メイキング映像で、マーク・ハミルはアイルランドの美しさを「まるでおとぎ話の世界のようで、目を疑う程だ」と称しています。

「最後のジェダイ」のライアン・ジョンソン監督は、「この映画のかなりの部分はルークの島が舞台になっていて、それがこの小さな無人島、スケリッグ・マイケルなのです」と撮影を振り返ります。

スケリッグ・マイケルにおける「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」の撮影は2015年にわずか2日間行われ、その後本土に移動しました。監督は、「ユネスコの世界遺産になっている鳥類保護区のため、撮影では2日間しか滞在できなくて、大部分は自然の雰囲気と見た目がスケリッグとよく似ているアイルランドの南西海岸でロケを行いました」と説明しています。

ロケを続けるため、クルーは2016年に再びアイルランドを訪れ、スケリッグ・マイケルにあった6世紀の「ハチの巣」小屋の修道院のレプリカを本土に作りました。アイルランドのワイルド・アトランティック・ウェイに似たロケ地を求め、「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」の惑星オクトーを表現するのにコーク、ケリー、クレア、ドニゴールの各県が選ばれました。

アイルランド、ワイルド・アトランティック・ウェイでの「スター・ウォーズ」撮影に関する裏話はこちらから: (リンク »)

1977年以来、この有名な映画シリーズは幾つもの銀河を旅しました。2014年にケリー県ポートマギーから始まった「スター・ウォーズ」アイルランドの旅は、南西のスケリッグ島からアイルランド最北端のマリンヘッド(Malin Head)まで、ワイルド・アトランティック・ウェイの2千キロにも及びました。

ジョンソン監督は、アイルランドについて「素晴らしい土地です。映画に取り入れることができて、とてもラッキーです」と話しました。


(Photo: (リンク ») )


(日本語リリース:クライアント提供)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。