編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Alland&Robertがカラヤゴムを食品産業に導入

Alland&Robert

From: 共同通信PRワイヤー

2018-01-09 13:47

Alland&Robertがカラヤゴムを食品産業に導入

AsiaNet 71757

【パリ2018年1月9日PRニュースワイヤー】

野生のゴムの木から生まれる天然ゴムであるカラヤゴムは、天然植物成分が含まれており、多くの食品医薬品に使用することができます。134年前に設立されたフランス企業のAlland & Robertは、カラヤゴム製造の国際的リーダーであり、すべての機能的特性を保持しながら、親水コロイドの総プレート数を減少させる、物理的な処理方法を開発しました。

マルチメディア・ニュース・リリースは以下を参照:
(リンク »)

この主要な技術革新は現在のフラッシュ・ヒーティングというユニークな概念に基づいており、優れた微生物学的品質を与えています。製品の特有な準備と最初の移転に関連して、この独自のプロセスは、処理を施したゴムの顕著な温度均一性を保証しています。同プロセスは、カラヤゴムにおいて新しい展望を切り開きました。これらは現在、単独またはその他の親水コロイドと一緒に使用することができます。最終的には、コーティング、詰め物、ドレッシング、デザート、乳化状ソースの形成において、カラヤゴムはテクスチャ改善への新たな需要に応えることができます。

カラヤゴムは茎とステルクリア属の木の茎と枝を切開して抽出された天然のゴム状分泌物です。また、一般的に「ステルクリア」と呼ばれ、乾燥した岩場に生育するステルクリア属の木から手で収穫され、主にアフリカの特定の地域(特にセネガルとマリ)およびインドに生育しています。カラヤゴムは伝統的なアフリカ料理やインド料理で、何世紀にもわたり利用され、現在も一般的に取り入れられています。

カラヤゴムは食料品、デザート、薬、ドーナツ、セイボリー・ソース、即席食、アイスクリームおよびビスケットなど、幅広い種類の製品に使用されています。カラヤゴムは化学的改良をしないで、テクスチャリング、充填剤、食物性繊維、粘着剤、粘性調整剤、保水剤、懸濁剤などの多くの機能特性を提供しています。カラヤゴムは低濃度でもテクスチャに著しい影響を与えます。

カラヤゴムは100%天然植物性であり、非遺伝子組み換えで農薬不使用です。グルテンを含まないだけでなく、食物繊維も多く含まれます。また、EFSA(欧州食品安全機関)添加物に関するリファレンシャルによってE416に分類されています。EFSAおよびJECFAによると(食品添加物に関するFAO / WHO合同専門家会議)、カラヤゴムは安全性の懸念はなく、数値によるADI(一日摂取許容量[1])は必要ありません。

Alland & Robert は1884年以来、天然ゴムを専門として、食品、化粧品および製薬産業において持続可能な天然成分の使用を促進しています。同社はまた、研究開発、品質保証と継続的発展に対し焦点を当ててきたおかげで、素晴らしい質として知られる同社商品の追跡可能性と信頼性を保証しています。

詳しくは、下記までお問い合わせください: info@allandetrobert.fr

[1] 一日摂取許容量とは体重60kgの人が毎日摂取できる理論上健康への影響がないと定義される1日あたりの摂取量のことです。

     (写真: (リンク ») )

動画:
      (リンク »)


ソース:Alland&Robert



(日本語リリース:クライアント提供)


Violaine Fauvarque、コミュニケーション・ディレクター、 +33-144-592-131、 v.fauvarque@allandetrobert.fr

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]