編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

5Gの新サービス創出に向けた「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」を提供

株式会社NTTドコモ

From: 共同通信PRワイヤー

2018-01-09 15:30

2018年1月9日

株式会社NTTドコモ

5Gの新サービス創出に向けた「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」を提供
~453社が参加を表明、ドコモが無償で5Gの技術検証環境を提供~

 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、2020年の商用サービスの開始をめざしている第5世代移動通信方式(以下、5G)において、幅広いパートナーと共に新たな利用シーン創出に向けた取り組みを拡大するため、2018年2月21日(水)より「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」を提供いたします。
 本プログラムには、2018年1月5日(金)現在、既に453の企業・団体から参加を表明いただいており、ドコモはプログラム参加企業・団体に対し、2018年4月より5Gの技術検証環境を無償で提供いたします。

 本プログラムは、パートナーとなる企業・団体に対し、5Gの技術や仕様に関する情報の提供や、パートナー間の意見交換を行う5Gパートナーワークショップの場を提供するものです。
 ドコモが常設する5G技術検証環境においては、5Gの実験基地局装置や、実験移動局に接続する映像伝送機器などを、パートナーに対して無償で提供いたします。2018年4月にまずは東京都内に開設し、その後も順次拡大を検討してまいります。

 パートナーとなる企業・団体は、本プログラムへの参加を通じ、2020年に先立ち一早く5Gを用いたサービス構築や検証が可能となります。高速・大容量、低遅延、多数の端末との接続といった5Gの特徴を活かして、自社のサービスの品質向上や新たなサービスの創出に活用いただくことができます。

 ドコモはこれまでもパートナーとの協業を通じ、東京スカイツリー周辺やお台場エリアの「5Gトライアルサイト」にて、5Gの利用シーン創出に向け取り組んでおります。
 今後、本プログラムにさらなる企業・団体に参加いただくことで、多様な業界のパートナーとの連携を強化し、5Gの新たなサービス創出に向けた取り組みを加速させます。

■別紙
「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」概要
 
1.目的
 幅広くパートナーへ5Gの情報提供、常設の5G技術検証環境を提供することにより、新しい5Gの利用シーン創出をめざす。

2.提供内容
 (1)ドコモからの5Gの技術に関する情報提供(2018年2月21日より)
   ・5Gの技術や仕様に関する情報
   ・ドコモが実施した5G実証実験の内容に関する情報
 (2)5Gパートナーワークショップ(2018年2月より)
   ・年2回開催予定
   ・プログラム参加者同士の情報交換の場として利用可能
 (3)常設5G接続環境の提供(2018年4月より東京都内にて提供予定)
   ・5G実験装置(実験基地局・実験移動局等)
   ・5G実験装置に接続する周辺機器(映像伝送機器、無線LAN機器など)
    (周辺機器の持ち込みも可能)

3.提供開始日
 2018年2月21日(水)

4.プログラム参加企業・団体
 2018年1月5日(金)現在 453社
 ※詳細は、NTTドコモの報道発表資料をご覧ください。
   (リンク »)

5.受付窓口
 全国のドコモ法人営業担当

*「5Gトライアルサイト」は、株式会社NTTドコモの商標です。
*「東京スカイツリー」は、東武鉄道株式会社、東武タワースカイツリー株式会社の登録商標です。

■NTTドコモの報道発表資料はこちらをご覧ください。
(リンク »)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]