World Of Childrenが2018年受賞者候補の応募受付開始

World of Children 2018年01月10日

From 共同通信PRワイヤー

World Of Childrenが2018年受賞者候補の応募受付開始

AsiaNet 71763 (0045)

【ロサンゼルス2018年1月10日PR Newswire=共同通信JBN】
*国際的非営利団体のリーダーに資金提供と表彰の機会が与えられる

恵まれない子どものニーズに役立つ影響力が大きなプログラムを運営する非営利団体のリーダーに資金を提供し、彼らの状況を改善させ、教育を与えるグローバル組織であるWorld of Children(R)は、例年の応募を呼びかけた。「Nobel Prize for Child Advocates(児童擁護家のためのノーベル賞)」として認められているWorld of Children( (リンク ») )は、個人組織、メディア、教育機会に提供される複数年にわたる現金による助成金などの賞の特典を提供し、2018年11月1日ニューヨーク市で開かれる授賞式で表彰する。

Video - (リンク »)
Photo - (リンク »)
Logo - (リンク »)

応募者は以下のカテゴリーで申請できる。
*教育賞(助成金5万ドル以上)-教育と学習の分野で子どもに特別な貢献を行った個人が対象
*健康賞(同5万ドル以上)-健康、医療、科学の分野で子どもに特別な貢献を行った個人が対象
*人道賞(同5万ドル以上)-社会サービスないし人道的サービスの分野で子どもたちに特別な貢献を行った個人が対象
*保護賞(同5万ドル以上)-恐怖、虐待、搾取(人身売買、奴隷、性的搾取を含むがこれに限定されない)から子どもを守るという特別な貢献を行った個人が対象
*若者賞(同2万5000ドル以上)-他の若者を支援する特別な貢献を行った21歳未満の若者が対象

World of Childrenには毎年数千人の応募があり、5つの部門のそれぞれの最高リーダーを選ぶために、独自の厳格な審査プロセスを採用している。各々の独立した世界的なセキュリティー専門企業が受賞者候補を徹底的に調査し、応募書類に書かれた業務が当該現場で行われているものであり、すべての資金が適切であり、組織の使命を反映していることを検証する。World of Childrenはこれを行う唯一の非営利団体である。

応募申請はオンラインだけ。2018年3月31日11:59 EDTまでにworldofchildren.org/nominate  ( (リンク ») ) へ。

▽World of Childrenについて
World of Childrenは、世界の子どもにとり最も効果的なチェンジメーカーに資金を提供し、彼らの状況を改善させ、教育を与えることにより、恵まれない子どもの未来を切り開く。 同財団は1998年以来、50カ国以上で活動する100以上の受賞者が率いる、子ども向けの影響力が大きなプログラムに約1300万ドルを拠出してきた。


▽メディア問い合わせ先  
Kimberly Sanders
kimberly@worldofchildren.org

ソース:World of Children



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]