韓国TL整形外科 童顔フェイスを目指して無理な両顎手術を? 顔面輪郭手術で充分です!

TL Plastic Surgery 2018年01月10日

From 共同通信PRワイヤー

韓国TL整形外科 童顔フェイスを目指して無理な両顎手術を? 顔面輪郭手術で充分です!

AsiaNet 71786

― 韓国TL整形外科 顔面輪郭センター ―


【ソウル(韓国)2018年1月10日PR Newswire=共同通信JBN】

 この頃最も競争の的とされているのが「童顔フェイス」であり、誰もが小顔の童顔フェイスに憧れている。

(リンク »)
(韓国TL整形外科, TL整形外科, 韓国TL整形外科 顔面輪郭センター, チェセウン(Choi Sewoon))

 老け顔に見える要素には、出っ張った頬骨、角張ったエラ、長い前顎、広めの額、長い人中などがある。韓国TL整形外科で童顔整形として人気が高いのは、「頬骨縮小術」、「エラ縮小術」、「前顎整形」などといった顔面輪郭手術である。特にエラは、下顔面の横幅が広く見え、頬骨とエラの間に凹みが生じ、老け顔の要素としては大きいポイントになる、又、男っぽいイメージになるためよりコンプレックスに感じるのである。

 韓国TL整形外科・顔面輪郭センター・チェセウン(Choi Sewoon)代表院長は次のように説明している。「日本人患者の場合、よく顔面輪郭手術と両顎手術、どちらかで悩んでいるようだが、手術への理解が浅いといえる。日本人患者たちの一番の悩みは、ほとんどの場合顔の長さにある:面長、発達した頬骨、長い前顎、広めのエラ、長い人中。長くて角張った老け顔を短くて小顔の童顔フェイスに改善するためには、顔面輪郭手術で充分であり、患者様によるが人中縮小や額縮小など追加的手術を並行すると良い」

 一般的に、両顎手術と顔面輪郭手術を単なる美容整形手術と勘違いする人が多い。しかし、顔面輪郭手術は歯の噛み合わせなどとは関係なく、顔の骨を調整してフェイスラインを変える手術のことであり、代表的な手術として頬骨縮小術、エラ縮小術、前顎(オトガイ)手術などが挙げられる。美容的手術の顔面輪郭手術とは対照的に、両顎手術は手術の過程も複雑で副作用の恐れもある。両顎手術を考慮している人の中で、本当に両顎手術が必要なケースはごく稀、童顔フェイスを目指す場合は顔面輪郭手術で充分である。そのため、患者様にとって本当に必要な手術だけを勧めている信頼できる医療陳の役割が非常に大事である。

 韓国TL整形外科の「3Dタイトニング頬骨縮小術」は、上方固定により頬骨の横幅を最大限に縮小し、同時に術後のタルミも防止できる。「長曲線エラ縮小術」は、切除する角度を調整でき、過度に尖った顎ラインを避けてナチュラルなVラインを実現する。「前顎T切骨術」は、筋肉の剥離なしにタルミを予防・弾力維持しながら長さを短くする、また必要に応じて前に前進したり後ろに後進したりすることも出来る。額が広い場合は額縮小術を、人中が長い場合には人中縮小を並行することで、短くて小顔の童顔フェイスを実現することが可能になる。何よりも、数多くの血管組織と神経線が通っている顔の骨を切除する難易度の高い手術であるだけに、安全面には格別な注意を払うことが、成功的な手術結果を招く道である。

 オーダーメイド手術を執刀するほど口腔顎顔面に長けた専門医たちの協診はもちろん、アフター管理システムが整っている輪郭専門院を選ぶことが大切である。また、顔面輪郭手術は全身麻酔で行われるため、麻酔課専門医が常駐しており、安全装備及び応急処置システムなどが完備されている病院であるかどうかにも気をつけてほしい。



【LINE】jptlps
【e-mail】jp.tlpskorea@gmail.com
【アメーバブログ】 (リンク »)

日本語コーディネート 佐藤美穂

(日本語リリース:クライアント提供)


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。