環境構築【Macbook編】

株式会社Dive into Code 2018年02月09日

国内トップクラスのRuby、RailsスクールのDIVE INTO CODEが技術解説「環境構築【Macbook編】」を公開しました。

###

環境構築【Macbook】

環境構築とは、自分のパソコンに開発用のツールや言語をインストールし、開発ができるようにするためのものです。
自分のパソコンで開発をしようと思った時に一番最初に必要になることですが、なまじの実装よりもはるかに労力がいることも多いので、ここで挫折してしまうという人もいるでしょう。

この記事では、Homebrewというツールを使用してMacで環境を構築をし、ローカルで開発ができるようになる方法をご紹介していきたいと思います。

◆ローカル開発環境を構築するためのツール

ローカル開発環境を構築する方法はいくつかありますが、この記事ではHomebrewというツールを使って構築していきます。

Homebrewとは

Homebrewはパッケージマネージャの一種です。
パッケージマネージャとはソフトウェアを新しいバージョンへ更新する時に、以前の古いバージョンも同時に行ってくれるプログラムです。
これ使用することで作業環境を簡単に、素早く構築ができるようになります。

詳しくは下段で説明します。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Dive into Codeの関連情報

株式会社Dive into Code

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]