「英語」で看護演習~グローバル社会で活躍する看護師を育成~

横浜市立大学 2018年01月19日

From Digital PR Platform




インバウンドの増加やオリンピックの開催なども控え、医療現場においても外国人患者に対応できる看護師の育成が求められています。こうした中で横浜市立大学医学部看護学科では、外国人を模擬患者とした看護演習を実施します。演習では、看護学生が白衣を着用し、外国人模擬患者を相手にコミュニケーションをすべて英語で行います。演習後は、外国人模擬患者が、学生に対してフィードバックを行います。




◇概要◇
演習『実用的看護英語Class』
日時:2018 年1 月19 日(金)14:00~17:00
場所:横浜市立大学福浦キャンパス 看護教育研究棟5階 507 実習室(横浜市金沢区福浦3-9)
参加者:医学部看護学科 1 年次生(約100 名)
内容:外国人模擬患者を相手に、医療現場におけるコミュニケーションをすべて英語で実施します。
(挨拶、自己紹介、バイタルサイン(体温、脈、血圧)測定を英語で実施します。)
1 人あたり約10 分間の演習を行います。
演習後、外国人模擬患者から学生に対してフィードバックを行います。


〈お問合せ先〉
福浦キャンパス学務・教務課長  谷 誠司  Tel 045-787-2501

【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]